星稜中学校に注目!

5月31日に、星稜中学校の説明会に行ってきた。

中高一貫理数コースが、中学1,2年で、
中学3年間の学習を終わり、
中3で高校1年の授業をするというのだから、
まるで都会の超進学校のようなペースだ。

さらに、宿題は全てiPadで撮影して毎日提出するとか、
英語は音読を録音して提出なんて、これはすごい。
錦丘中学との併願校としてとても魅力的だ。

少し前までの、鳴和中や北鳴中の校区の子が、
星稜のほうが近いとか、
そのまま星稜高校に入れるからという
理由で選んだり、

野球やサッカーをするために入る中学校
では、もうないようだ。

倍率は約1.5倍、

受験者平均点は20点以上アップ、、、

今後が楽しみだ。

詳しくは、学校紹介動画をどうぞ。





このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

【2018年度 石川県公立入試】予想平均点