平成28年度石川県の公立入試問題 国語の作文がなんと・・・

2016年度
試問題を分析してみた1.国語

問題はいつものパターン。

1.説明的文章(80字の記述はハード)
2.文学的文章(50字、60字の記述問題あり)
3.古文(ここ数年では易しい方だ)
4.作文

なんと、最後の作文が

石川県総合模試・第7回の大問4と同じ問題。

塾では、添削をして、書きなおして、また添削をして・・・

模試や統一テスト、実力テストの作文は何度も何度も、満点になるまで書くことにしている。

こりゃ、満点が何人もいますわ。
もちろん、こんなことはめったにないのだけど、がんばった子のボーナスです。

説明的文章、文学的文章はどちらも比較的読みやすい。設問は半分簡単で半分難しい。

漢字は簡単。〔悪い、弁護士、満員、待つ〕書けるやろ。〔画期的、(判断を)下す、 覆う、容赦なく〕読めるやろ。

ファンタジー系古文は中学生にとっては、少し理解しにくかったかも。


平均点は53点?

コメント

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!