投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

〔金沢の西南部・浅中・兼六・ミッションの試験〕結局、どこの中学校のやり方がいいの?

金沢で、テストの日程や、範囲を工夫して
学力アップが期待できる学校をご紹介してきました。


1学期中間試験を廃止した、兼六中学校

中間試験・期末試験を廃止し、評価テストにした金沢浅野川中学校

大胆に定期試験を廃止した、金沢市立西南部中学校

どんなやり方がいいとか、どの中学のやり方のほうが成績が上がるとか、 良い高校に入れるとかはありません。
あるのかもしれないけど、考えたこともありません。
どんな中学校でも、その学校のスケジュールで

実力をつけれぼ良いのです。

与えられた条件で、頑張ればいいのです。



人の中学校のテストのやり方を見て、
いいうぇ〜
という金沢ことばは昭和ですか? 最近の中学生風に言うと、
ずるい!
でしょうか?
そんなこと言っているヒマがあったら、
自分の中学校のスタイルに合わせて、
授業の予習復習をすればいいのです。

もちろん、学校の授業を大切にね。









中3高校受験生!半年で君がすべきことはコレ。令和2年度(2020年度)入試(3.国語)

今回は国語。

学校の定期試験と比べて難しいと書きましたが、国語と英語は、定期テストと全く傾向が異なります。得点を取るために必要な知識や技術も違います。


《漢字》このブログでも何度も書きましたが、平成30年度から、漢字が難しくなりました。そこで、漢字の勉強が必要になるのですが、実は、他県の入試でよく出ている漢字ばかりです。市販のでる順漢字問題集をやっておくと良いでしょう。


《小説/論説文》現代文はやや簡単になりました。記述問題も書きやすい問題が増えました。やらなくてもある程度点数は取れます。だからこそ、上位校を目指す場合できないと差がつきます。満点を目指して、塾に通っている人は受験テキスト、家でやるなら、受験参考書を購入し、「なぜその答えになるのか」までしっかりと学びましょう。


《作文》これは、平成30年度入試で最も大きく変わり、受験生を困惑させた1問です。この傾向は続くでしょう。複数の資料から、必要な情報を集め、作文を書かなければなりません。平成元年から30年間の作文問題については以前書きましたので、興味があるマニアな方はこちらのめちゃくちゃ詳しい入試分析をどうぞ。

今回は、夏休み前なので、勉強法をメインで書いています。対策を書かないといけませんが、結構難しいのです。他の都道府県でもここまで派手な?作文問題が出たことはないので、市販の問題集では対応できません。

でも大丈夫。10問だけ、君たちは入試そっくりの問題を手にすることができます。全8回の石川県総合模試と、2回の統一テストです。これらは、入試そっくりに作られますので、最新入試の作文問題が出題されます。

模試/統一本番で練習。終わったら、しっかりと復習をしてください。たった10問しか手にすることができないので、一つ一つ力に変えてください。ちなみに、グッジョブでは、現在15問ぐらい類題を作っていますので、塾生のみなさんはおまかせください。




《中間・期末テストはない!》浅野川中学校は評価テスト!違うのは名前だけじゃない。

イメージ
●浅野川中学校は、中間テスト、期末テストを廃止し、評価テストに!
兼六・北陸学院・西南部の試験の方法が今年、変わりました。

浅野川中学校が変わったのは、3年前です。

中間・期末テストは、範囲が、 1学期中間[P1〜15]
→1学期期末[P16〜30]
→2学期中間[P31〜55]・・・ と、ぶつ切りで出題されますが、

評価テストは、[前の範囲+新しい範囲]と増えていきます。 第1回[P1〜15] 
→ 第2回[P1〜30]
→第3回[P1〜55] ・・・

これは、毎回、それまでに習った範囲の復習をして、新しい範囲の勉強もする必要がありますので、しっかりやると、かなり力が付きます。
ところが、毎回テスト範囲が増えますので、一度勉強が解らなくなると、追いついて、逆転するのが大変です。夏休みや冬休みにしっかり復習をしないといけません。
塾では、苦手な分野対策と、 新しい範囲の予習を同時にやります。
弱点は、夏期講習で無くします。
浅中で1位になる方法(スモークオンザウォーター作戦)
早めにテスト範囲までの学習を終わらせて、戻って、進んで、戻って、進んで、、、ワークを何度も繰り返し!

英語は基本文や本文の暗記だけではなく、文法を基礎からしっかりマスターしていかないと、どんどん点が取れなくなります。

数学は[計算→関数→図形・・・]と授業が進み、試験は[計算][計算+関数][計算・関数・図形]・・・と範囲が増えるのですから、入試のような複数分野を組み合わせた問題が出ますね。

テスト前は新しい範囲中心に勉強したくなりますが、それでは点があまり取れません。特に理科と社会は前の復習をしてから、新しく追加された問題も勉強していきましょう。



解説:スモークオンザウォーターとは、ロックの名曲。日本でいちばん有名な洋楽かもしれません。名前を知らなくても、イントロを聞いたことはあるでしょう。まずは、ギターだけで「ジャッジャッジャ〜」「ジャジャッジャジャ〜」と始まります。次に、シンバルが加わります。次にドラムが入り、ベース、ボーカル、オルガンと加わっていきます。どんどん楽器が増えていくのです。浅野川中学校の「評価テスト」の範囲はまさにそんな感じ。テスト前に知識を詰め込んで、終わったら忘れてしまうような勉強をしてはいけないということです。









《1学期中間テストがない?》兼六中学校・北陸学院中学校のテストが変わった!

●兼六中学校・北陸学院中学校は、1学期の中間テストをしないで、期末だけ!
1年生は入学して、2,3年生は進級して

遠足行って、各授業で自己紹介したと思ったら、大型連休。

3年生は修学旅行で行き、、、
やっと授業始まって、慣れてきたと思ったら、

5月下旬に「中間テスト」
当然、テスト範囲は数週間分だから狭い!
それが終わったらまた1ヶ月後に「期末テスト」範囲はまた狭い!
それなら、中間は無くてもいい。
とても分かりやすく、これまでそんな学校がなかったのが不思議なくらいです。
塾では早めに期末テスト(予想)範囲までの学習を終わらせ、 しっかりと復習します!

兼六で1位になる方法(ヘビーローテーション作戦)
早めにテスト範囲までの学習を終わらせて、ワークを何度も何度も繰り返し!英語は教科書本文の暗記。数学は計算練習をしてミスゼロに。

《衝撃の定期テスト廃止》西南部中では「テスト前だから」という言葉は無くなりました!

●西南部中学校は、年5回の定期試験を廃止して、単元テストに!
毎週テストをします。「単元テスト」といっても、小学生の確認プリントのようなものではなく、中間・期末レベルの問題です。テスト範囲を可能な限り短く、ずっと生徒は気を抜くことができません。
「テスト前」という考えや、「テスト前1週間休み」という考えではなく、「1年中テスト前」と考えた方がいいです。
塾では、学校の授業の予習・復習をしっかりします。
わからないこと、できないことは、後回しにさせません!




西南部で1位になる方法(スモールステップ作戦)
単元ごとに知らないことを作らないように、知らないことをゼロにしていく。予習して学校の授業を受け、終わったらすぐ学校のワーク。

中3高校受験生!半年で君がすべきことはコレ。令和2年度(2020年度)入試(2.数学)

まずは数学。学校の定期試験と比べて難しいので、受験勉強に多くの時間が、必要です。

《資料の整理、確率、規則性》を大量に演習する必要があります。学校の教科書・ワーク・塾の教科書準拠テキストではあまり、多くの問題は扱っていない分野でもあります。教科書の最後に出てくるので、3学期の期末試験範囲に入らなかったり、学校でならう時間が少なかったりする分野です。しかし、毎年出る。しかも、難しくない。知ってたらできる。知らなきゃできない。だから、受験生はしっかりとやっておくべきです。


《作図》は、1,2,3年で学んださまざまな図形の性質を2つ以上組み合わせて解きます。2年の等積変化や合同、3年の円の性質や相似や三平方の定理を使って、1年の垂直二等分線や角の二等分線を書きます。配点は8点。大きいですよ。


《一次関数と二次関数の交点を利用する問題》《二次関数と図形》は、受験参考書にたくさん出ていますが、《一次関数の応用問題》は多くありません。模試や実力テストに出るのも二次関数ばかり。

当然、多くの受験生が二次関数ばかり勉強します。少し前まではそれでよかったのです。平成元年から、平成29年の間に一次関数は1回だけしか出題されていませんでしたから。

ところが、平成30,31年は、2年連続で一次関数が出た!

平成最後にサプライズ!

さて、来年は、、、どちらか!!

これからは、両方しっかりやっておきましょう。一次関数に変わったから、一次関数ばかりやるとか、もう出ないだろうから二次関数しかやらないなんて、考えるのが最もよくありません。人生において、入試は大きなイベントです。ヤマなんてはってはいけません。

圧倒的に二次関数の方が難しいので、二次関数をおろそかにしてはいけないのですが、それに、一次関数も、追加する必要があるのです。

一次関数の応用問題のペターンを全てマスターするのに、15時間。できるまで反復に15時間。

2時間の勉強をたった15日追加。それさえ終われば、忘れないように月に数回復習。

中3高校受験生!半年で君がすべきことはコレ。令和2年度(2020年度)入試(1)

まだやっています。高校入試の研究。
公立入試1日目終了直後からwebで問題研究、平均点予想。2日目の夜、他塾の塾長と研究会。
合格発表の日は、各学校の合格最高点・合格最低点、不合格最高点・不合格最低点のデータ集め。
平均点発表後、もう一度、入試問題と合格点・不合格点も考慮に入れて研究。
このように、何度も何度も入試問題を解き、研究してきました。ここ数年、入試問題が大きく変化していますので、問題の研究は、私たちの大切な仕事の1つです。
そして、ようやく合格への最短距離が見えてきました。
もう、3年前と同じテキストなんて、恐ろしくてつかえません。毎年、時代に合わせて、さらに全国の傾向も踏まえて、変えていく必要があります。

小さい塾だからできることです。

学校の先生は、1,2年の担当をすることもあれば、部活、生活指導なども大切な仕事です。
大手塾は集客のための派手な宣伝広告、イベント、そして営業面談も大切な仕事です。最近は、集団授業に個別指導、英会話に知育、プログラミング、、、など、いろいろな商品を取り扱っています。教育のイオンやアルプラザです。
フランチャイズ塾を、やられている中には、異業種の方も多いです。それでも、本部のノウハウを使って、それなりの教育を少し割高ですが、提供できるのがすごいのです。教育のLAWSON、セブンイレブン、ファミマです(なぜか気を使って3つ書いた)。
私たちは専門店。学校の先生のようにあれもこれもこなすことはできません。大手のように、スマートなセールストークもできません。大規模な合宿はできないし、する必要もありません。そのエネルギーを全て、入試問題や進路指導の研究に使えます。どうやったら、確実に成績が上がるか?それだけです。


このブログでは、これから1週間ぐらいかけて、具体的に、今年の中学3年生は、何に注意が必要なのか書いていきます。公立高校を目指す、石川県の中学生が、受験勉強を始めるのに知っておきたい全てです。
専門店のノウハウを公開するのです。これは合格への地図です。このまま進めば、どこの高校でも合格できます。
塾に実際に通って頂くと、地図を見なくても、道を知っている私たち講師が、ツアーコンダクターのように、案内をして、目的地まで連れて行くことができます。遅れていたら、手を引っ張ることもできます。逆方向に進んでたら教えます。
それが必要無け…

塾のオリジナルテキスト(中学生の英語)

イメージ
今年から、おっと、

令和元年から、(初めて言ってみた)

中学生の英語のテキストを全てオリジナルにしました。

22年くらい、塾の教材会社のテキストを使っては変え、使っては変えてきました。25回くらい。そうです。1年に1回ではないのです。

年の途中で、「こんなん使えんわ!」と、変更したことも何度か。スープのできが悪いときは営業しないラーメン屋の頑固オヤジの気持ちがよくわかります。その時の教材費はもちろん塾で負担しました。ジャパネットより太っ腹?

いえいえ。当然だと思っています。生徒のみなさんのためであるのはもちろんですが、良いテキストは、塾や講師の負担を減らしますから、みんなにとって、すぐチェンジしない理由はありません。

塾にとっては「来年から変えて、良い授業をする」でもいいかもしれませんが、来ていただいている、生徒、保護者の皆様にとっては、1年1年が勝負ですからね。

たった1回の下手な授業で勉強が嫌いになることもあります。そのベースになるテキストはとても重要です。

それなら、なぜ、初めからしっかり選ばなかったの?

と言われそうですが、選んで、選んで、選んで、ほぼ全ての塾用教材会社の商品を使ってみました。あの塾と同じもの、この塾と同じもの、、、全部。でも、どれも満足いくものではないのです。

特に、英語のテキストは良くない。

おっと、平成のブログより過激ですか?

でもね、言いますよ。連休中だから、酒が入っている?残念ながら、一滴も飲みません。年に数滴は飲んでいると思いますが、今年は1月からまだ一滴も飲んでません。

教科書はどんどん良くなるのに、中学生用の学校のワークや塾用テキストって本当に良くならない。見た目が斬新だったり、編集が斬新だったり、コンセプトが斬新なものも出てきました。もちろん、全部使ったことがあります。でも、肝心の教え方は30年前と変わらず。

教科書は、改定ごとに、文章もイラストも教え方もどんどん進化しています。

石川県の公立高校入試も、平成元年、平成10年、平成20年、平成30年を比べると、全く別物です。比較的、古い伝統的?だった、私立高校の問題もここ数年、変化が見られます。

ところが、塾用教材は昭和のままの教え方。残念ながら、繰り返し解いても、力はつきません。その不足している部分を腕の良い先生が補って成り立っている感じです。

ついでに、書店で売られて…