投稿

1月, 2018の投稿を表示しています
イメージ
長野県に7年ぐらい住んでいましたが、
私が最も驚いたのはこのCM。



地域によって、いくつかのパターンがあるようです。




憧れのニューヨーク!

イメージ
ニューヨークを舞台にした名曲といえば・・・ 高橋真梨子が所属していたグループ
ペドロ&カプリシャスの名曲
5番街のマリーへ
五番街へ行ったならば マリーの家へ行き
どんな暮ししているのか 見て来てほしい
五番街は古い街で 昔からの人が
きっと住んでいると思う たずねて欲しい
マリーという娘と 遠い昔に暮らし
悲しい思いをさせた それだけが気がかり
五番街でうわさを聞いて もしも嫁に行って
今がとても幸せなら 寄らずにほしい 最後の「寄らずにほしい」・・・
よくわからない日本語ですが、阿久悠さんのセンスを感じますね。
「寄らなくていい」では、しっくり来ません。

ちなみに、5番街は世界的に有名な超一流の商店街。
オードリー・ヘップバーンの映画「ティファニーで朝食を」の舞台としても有名な
ティファニー本店があります。お隣はトランプタワーです。

「五番街のマリーへ」の素朴な雰囲気とはギャプを感じますが、
そのような大都会の片隅の小さな物語なのでしょうか。

さて、お次はお隣4番街。

L’Arc~en~Cielのアルバム "True"
私はこのアルバムが最も好きです。

1曲目のFare Wellを始め、名曲揃いのアルバムですが、
その中の収録曲 the fourth Avenue Cafe
今日も街は相も変わらず想い巡らせ
それぞれに描いてゆく…
さよなら 愛をくれたあの人は
遠い空に 恋焦がれて
この瞳に揺らめいていた
移りゆく街並に 溜め息はこぼれた  現在のゴージャスなラルクサウンドもカッコイイですが、この頃のオシャレで洗練されたサウンドが個人的には好きです。ニューヨークが似合います。


次は、本場ニューヨーク出身アーティストの作品です。

ビリー・ジョエル
Honesty
【注】hは発音せず「オネスティ」と読みます。来週、星稜高校を受験するみなさん、発音問題は出ますよ!
Honesty は、"52th Street" に収録されている彼の代表曲です。
Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you 'honesty(誠実)' なんて寂しい言葉なんだみんなそんなに誠実じゃない&#…

2018年度 センター試験のムーミン問題(地理)が話題に!?

ムーミン舞台は、ノルウェー・スウェーデン・フィンランドのどこか?

センター試験の地理Bに、こんな問題が出たと大騒ぎ。

でも、本当に変な問題だったのでしょうか?

そして、問題よりも、私が気になったのは、、、

yahooニュースより引用 スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの北欧3国に関する設問。スウェーデンを舞台にしたアニメ「ニルスのふしぎな旅」を例に、ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメについて、フィンランドに関するアニメと言語との正しい組み合わせを4択から選ぶ問題。アニメは「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の2択、言語はイラスト付きで「ヴァ コステル デ(いくらですか?)」「パリヨンコ セ マクサー(いくらですか?)(トナカイとみられるイラスト付き)」の2択。
 「ムーミン」の原作者はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン。アニメは「ムーミン」を選ぶのが正解となるが、最初にアニメ化されたのは1969年。今の高校生には古いのかもしれない。「北欧3国の位置関係で言語の推察はできたとしても、ムーミン=フィンランドは高校生にとって、どれほど浸透しているのか。センターで出すのは酷なような」と書き込む人もいた。
要するにこんな問題です。
【例】「ニルスのふしぎな旅」というアニメの舞台になったのはスウェーデン
スウェーデン語で「それいくら?」のことを Vad kostar det? と言う。

それでは、次の2つのアニメは、ノルウェーとフィンランドのどちらが舞台になっていますか。 (タ)「ムーミン」
(チ)「小さなバイキングビッケ」

ノルウェーとフィンランドの言語(それいくら)は? (A)Hva koster det?  
(B)Paljonko se maksaa?  


まず、「バイキング」ときたら、ノルウェー。
次に、スウェーデンとノルウェーがゲルマン民族(ゲルマン語)なので、 似た言語を話す。隣だから、似た言葉?と考えても解けます。
ムーミンのことは知らなくても いや、知らないほうが解ける問題です。 むしろ、そっちにばかり気を取られると 解けないかもしれません。
絵がなければ簡単だったかもしれないですね。
もろ「バイキングビッケ」なんて言って、 ノルウェーだと解るようにして、
言語も、わざわざ「これいくら?」が、 (例)Vad kostar det?   (A)Hva koste…