遊ぶことを我慢する受験生!?

大好きだったマンガを読まないで・・・

スマホで遊ぶのを我慢して・・・

テレビを見るのを我慢して・・・


そんな言葉を聞くと心配になる。


成績が良い受験生、
これからまだ伸びる受験生は、
マンガを読むより、志望校に入りたい気持ちが強いから
単語を覚えたり、数学の解法を理解して、できるようにすることに
時間を使っているだけ。
それは、決して「ガマン」ではない。
したいこと(志望校に入るための勉強)
をしているだけだ。

もっとタチが悪いのは、

マンガを読むのをやめて、
スマホを触るのをやめて、
テレビを見ないだけで、

試験勉強の時間があまり増えていないケースだ。

頑張っていると勘違いしているが、

それは、受験生のマイナス行動がゼロになっただけで、
プラス行動(点になる)行動は増えていない。

何時間、プラス行動(「わかる」「できる」ための行動)
をしたかで、次の試験の結果は決まる。

できなかった問題を何問できるように
したかだけに注目してほしい。

「できるようにする」というのは、
何度やっても、問題を読んだ瞬間に、
解き方がわかるレベルにしたかが大切だ。
一度できたことではない。






コメント

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

【2018年度 石川県公立入試】予想平均点

【石川県の私立高校入試問題】ちょっとやっとけ、アクセント問題。