石川県公立高校人気ランキングを作ってみた。

全国の高校の口コミサイトのようなものを見つけた。

食べログやアマゾンのように、生徒が自分の学校について、
コメントして、その後に5段階評価してありました。

そこで、石川県の全日制公立高校の
満足度ランキングを作ってみました。

1
4.66
金沢泉丘
2
4.41
小松
3
4.19
金沢桜丘
4
4.15
金沢商業
5
3.96
金沢西
6
3.94
金沢二水
7
3.90
鹿西
8
3.87
県立工業
9
3.76
七尾
10
3.70
寺井

レベル順にも倍率順にもなっていないのが、興味深いですね。

1位・2位は納得。
きっと誰もが納得するでしょうね。

泉丘の生徒は満足しているんでしょう。
トップ校の誇りがあるんでしょうね。
小松も加賀地区トップ校ですから同じでしょうね。

3位は桜丘ですが、
県内で最も倍率が高い高校なので納得。

4位が金商。
おめでとうございます!
だれに言っているのか分かりませんが、、、
素晴らしいですよね。

二水が6位というのはちょっと低い気がします。

学力(偏差値も合格実績も)だと、
泉・小松・二水ですよ。
でも、満足度は低め。

中学生にも桜丘と同じぐらい人気です。
でも在校生や、卒業生の評価は低め。

生徒の書き込みを見ると・・・

まあ、理由は予想通りですが・・・

とにかく補習が多く、勉強が大変なんですよ。

10年前ぐらいまでは、こんなイメージの学校でした。
 自由な学校、勉強がそこまで大変じゃないけど、
 金沢大学にはちゃんと100人入れる学校。
 さわやか、上品。かしこい。

10年前なら、おそらく泉丘より満足度が高かったかもしれません。

ところが、約10年前、その頃の校長先生と教頭先生が、
進学実績を上げようと、学習指導、進路指導に力を入れました。

いいことですよね。
実際に進学実績は上がりました。

でも、それが大変に感じるんでしょうね。
生徒には。

10年前の、ゆるくて?
勉強をそれなりに?
していれば金大入れる!
という学校だと思って入ったら、
ギャップに驚くのでしょう。

二水の人気を上げる理由はたった一つですね。

と、関係者ではありませんが、勝手に書いてみます。
まあ、野球ファンが「あの時、こうしないから・・・」
「あそこで、敬遠なんかするからや!」
と評論家みたいに言っている感じだと思ってください。

また元通り、ゆるくするのは、何の意味もありませんよね。
それはちょっと違うだろうって話です。

実際にある年から数年間、少しゆるい感じになったことがあります。
補習も少なくなり、進路指導も全く異なる感じでした。
金沢大学を第一志望にすると、「もっと上を目指せ!」
と言われていたのに、その年からは「いいんじゃない。」と言われ、
神戸大学と書くと「金大でいいんじゃない?」
と言われるようになりました。

兄弟で二水に通っている場合、そのギャップに驚いていました。
その結果、合格実績が下がって、慌ててまた頑張りだした感じです。

さて、二水が人気No1になるには・・・
もっと合格実績を出すしかないと思います。

今は、金沢地区でNo2の学校として、
泉丘より下だから、ラクなんだろうと思っている子が、
入ったら、大変に感じるんです。

泉・小松の子は、トップ校だから大変なのは覚悟して入ってみると、
勉強は確かに大変なのだけど、楽しことが多いんですよ。

二水は、そこまで大変じゃないと思って入る子がいるから、
勉強が大変に感じるんでしょう。


ちょっと話は変わりますが、

約10年前、学校改革をした当時の
二水の教頭先生は、私が高校時代の担任の先生です。
有名すぎて、詳細を書くとご迷惑になるので、
どんな感じの方かは書けませんが、素晴らしい先生です。

数年前、その先生にお会いした時、
その事について話しました。

その先生の言葉が素晴らしかったので、
最後にご紹介します。

あの時は、校長と一緒に、
よくこう言ってたんだよ。

今、「二水はいい学校だ」
と生徒に思ってもらうより、

10年後に「二水はいい学校だった」と
思ってもらえる学校にしよう!



コメント

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

【2018年度 石川県公立入試】合格発表が終わって。

【2018年度 石川県公立入試】予想平均点