石川県のおすすめ高校ランキング

金沢地区の県立高校のオススメランキング

1. 金沢泉丘高校

2. 金沢二水高校

3. 金沢桜丘高校

4. 金沢錦丘高校

5. 金沢西高校


なんじゃそりゃ。

レベル順じゃないか!!!

はい。

10年前も、30年前も変わりません。

やはり、いい学校はレベルが高い。
それが言いたいのです。

本当は同じようなレベルの高校が2つあり、
校風が自分に合う方を選べるほど高校があれば良いのですが、
石川県の場合は、キレイにレベル順になっています。

上の高校に入れば、
より上の大学を目指せる。
なりたい職業に近づける。
石川県のような小さい県だと、
卒業した高校名がスタイタスになる。

でも、春の段階で、学力的には
桜丘に合格する人も、泉丘に合格する人も、差はわずか。
それどころか、志望校は桜丘だけど、
泉丘を目指している人より学力が高いこともあります。

今から、受験勉強をどれだけ丁寧にやるかで
志望校は決まります。。

だから、少しでも上の高校を目指して欲しいと思います。

校風で選ぶ?
合う、合わないってそんなにありますかね。
上に行くほど自由なので、楽しいでしょ。
モラルに欠ける人が少ないから、自由でもルール不要。
きっと、尾崎豊も、泉丘や二水に入ってたら、

 人は誰も縛られた かよわき子羊ならば
 先生あなたは かよわき大人の代弁者なのか
 俺達の怒り どこへ向かうべきなのか

なんて、叫ばなかったかもしれませんね。


1個下の学校にしたほうがラク?
それを志望理由とし、その気持ちで受験勉強すると、その1つ下の高校に入れないばかりか、高校入って伸びない可能性が高いですね。

部活で選ぶ?
全国レベルの学校でレギュラーになれるほどの実力があるなら、ありかな?

プロになれるほど上手なら、私立高校で頑張ればいいと思います。プロになれるかどうかはわからなくても、3年間必死に努力することで大きなものを手に入れられます。


無理してでも、二水より泉。

桜より二水。

錦より桜。

西より錦。

明倫より西。

進学のことを考えるとそうなります。

そのために、これから半年、
頑張る価値はあります。



津幡のみなさんの場合、明倫は遠すぎます。そして、能登エリアも選択肢に入りますので、オススメの高校ランキングは少し異なります。

津幡地区の県立高校のオススメランキング
※地理的にかほく市も同じ。内灘は金沢地区と同じ。

1. 金沢泉丘高校

2. 金沢二水高校

3. 金沢桜丘高校

4. 金沢錦丘高校

5. 羽咋高校

6. 金沢西高校


錦と西は遠いという人が多いけど、錦は、泉・二水と変わらないか、二水より歩く距離は短いです。学習指導、かなりしっかりやってくれる学校です。

西は駅から15分 、バス停は西高前、県庁が今の場所に移転してから、バスの本数は多く待たずに乗れますので、桜の次に通学時間は短いですよ。

羽咋のシラバスや雰囲気、進学実績はすばらしい。倍率が低いので入りやすい。中学時代、部活で全国まで行き、受験の取りかかるのが遅くなり、今必死に頑張っているが、桜には手が届かない。入って頑張る意欲がある。そんな人にお勧め。

今頑張って無くて、倍率低いから・・・と決めると、入ってから大変な学校です。宿題が恐ろしく多いからです。

さてここで、(やっぱり)

津幡のみんなの高校選び動画、完成しました。ここでご紹介したすべての高校の、魅力、交通手段、合格ライン、倍率、目標点が分かります。



金沢版も今、作っています。






このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!