できるようになりました!!って本当に大丈夫?

先生が言った。

生徒が解った。

この状態と、「できるようになった」状態はかなり開きがあります。

それでは、先生が教えた(口から言葉が出た)瞬間から、生徒が完全にマスターするまでのプロセスをスローモーションで見てみましょう。

《先生》言った
 ↓
《生徒》聞いた
 ↓
《生徒》解った
 ↓
《生徒》解いてみた
 ↓
《生徒》1回できた(だけ)
 ↓
 ↓
 ↓(教えてもらってすぐやった)
 ↓(手を貸してもらってできた)
 ↓
 ↓
《生徒》もう一度解いてみる
 ↓
《生徒》できた!!!

さらに少し時間をあけて、、、

《生徒》もう一度解く
 ↓
《生徒》できた!!!
 ↓
 ↓(でもまた忘れるのが人間)
 ↓
テスト前にもう一度
 ↓
《生徒》テストでできた!!!!!!!
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓(それでも忘れる)
 ↓
 ↓
 ↓
《生徒》受験勉強の時にできた!!!!!!
 ↓
 ↓(忘れた、できたを繰り返して・・・)
 ↓
二度と忘れない。

これで完全にできるようになったと言えます。

それなのに、「先生がこう言ってた(と思う)」とか、

「習ってない(からできなくていいでしょ)」

なんてこの長いプロセスの

一番最初のことをどうこう口ににする人がいますが、

忘れているだけなんじゃないの?

どっちでもいいから、知らない、できないなら、
頑張ってできるようにしたらいいんじゃないの?



また、1回できただけで、「できるようになりました!」
なんて安心してはだめです。
忘れると思っていた方がいいよ。




このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!