どうなる日本の英語教育

2020年度から、英語が小学3年生から必修化され、小学5年生から教科化されます。

それに関して、このような反対意見があります。

● 日本語もまだ上手に話せないのに、英語なんてまだ早い。

● 英語が苦手な小学校の先生もいる。先生の負担が大きくなる。

● 早く始めると、早く英語が苦手になる子がでてくる。

じゃ、どうすればいいの?

個人的な意見を書かせてもらいます。

早く始めるメリットが大きく、先生の負担も大きくならない方法。
そして、英語が苦手な子が確実に減る方法です。

その方法とはズバリ!

単語を覚えまくること!

可能ならちゃんとした発音をCDで聞いて発音して、
単語を書けるようにする。それだけです。

英語を母国語とする小学生は、単語を10,000〜15,000語知っています。

日本の中学生が教科書で習うのは3年間で1,000語程度。

高校生に必要とされているのは、3,000語程度。

難関大学や英検2級をめざす場合は5,000語と言われています。

もう一度書きますよ。

アメリカやイギリスの小学生は10,000〜15,000語知っています。

日本人は英語が苦手と言われていますが、ハッキリ言ってこの語彙数が少ないことが問題だと言えます。

だから、単語を小学校で徹底的に覚えればいいのです。

最初に書いた問題点もクリアできます。

● 日本語もまだ上手に話せなくても、単語ならドンドン覚えられる。

● 英語が苦手な小学校の先生も取り組みやすい。

● 早く始めることで、英語が苦手になる子が増えるどころが、ほとんどいなくなる。

CDで発音、何度も練習してテストをすればよい。漢字と同じです。日本人に最も合う勉強法です。みんなの前で「ハーイ、エヴィワン。」なんてやることに抵抗がある先生や生徒にも簡単に受け入れられるでしょう。

日本の教育はすばらしくて、基礎計算ができない子はほとんどいません。識字率(母国語を読み書きする能力)は江戸時代からずっと99%以上だそうです。低学年のうちに、たし算、ひき算、かけ算、わり算を学校でも何度もやり、宿題として毎日のように計算をします。カードを使ったり、ドリルをしたり、、、。みんなが完全に解けるようになるまで何度も何度も学校でやってくれます。漢字テストは小中12年間ずっとやってくれて、覚えられていない場合、補習まで学校でしてもらえます。

英単語も同じようにやれば、日本人のほとんどが英語を使えるようになるはずです。英語が苦手な子は減るでしょう。数学と同じで中学、高校とレベルが高くなったら付いていけない子も出てくるだろう。しかし、ある程度英語を読んだり、書いたりできない子はいなくなるでしょう。

小学生のうちに単語をたくさん覚えて、中学生で文法やコミュニケーション英語を学ぶのです。

文法ばかりやるから日本の英語はダメなんだと言われることもありますが、そんなことはありません。

アメリカ人もイギリス人も英文法は学ぶし、日本人も国語の文法を小学校から学んでいますよね。そして、日本の英語教育って結構すごいと思いますよ。

昭和50年代のニューホライズンでも、カンペキにすれば、日常会話や手紙のやり取りはちゃんとできます。最近の英語の教科書は、さらに進化して大人の会話ができるレベルになっています。

昔の高校の英語リーダーとグラマー(昔の科目名)の教科書をマスターすれば、字幕無しで映画が理解できて、英字新聞が読めます。ビジネスレターのやり取りもできます。今のコミュケーション英語と英語表現の教科書はもっと素晴らしく、楽しい英語や使える英語満載です。

中途半端にしか勉強していない人は、どんな科目もマスターできません。それは英語も同じ。

今のままで十分素晴らしい教科書なので、それを理解できない子や、勉強しない子を減らすだけでいいのです。単語を小学生のうちに覚えといて。

でも、国の教育はそのような方向には向かっていません。批判するつもりはありません。早くから英語に触れることは無いより良いですから。でも、単語をやってくれれば・・・。

私が日本の英語教育を変えることは難しいので、塾でやっています。

グッジョブでは、英語が初めての小学生に英単語ばかり教えています。


このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!