覚えて、忘れて、、、

連休中に頑張るみなさんのために、
ラク勉(手を抜くのではなく、ムダをなくす勉強法)を
いくつか紹介します。

さて、みなさんは、単語の暗記をする時
どこまでやっていますか?

単語を何度も練習した。
study study study study study study study study study study

残念ながら、「1行書いた」とか、「いっぱい書いた」ことに意味はありません。
もちろん、学校の先生は「書く」ということを評価してくれます。
宿題なら期限までに出すことができたことを評価してくれます。
とても大切なことです。
しかし、できるようになる勉強はまだまだここから先が長いのです。

何も見ないで書いてみた。(ミニテスト)
study  

残念ながら、これは「1回書けた」のであって、「覚えた」のではありません。

10個ぐらいの単語を練習して、「書ける」ようになった。
live live live live live live live live live live live live live live
live  

stand stand stand stand stand stand stand stand stand stand 
stand stand stand stand stand stand stand 
stand  

make make make make make make make make 
make  

練習している回数が単語によって異なるのは当然です。
自分にとって簡単な単語は少しでいいですし、
難しい単語は多く練習する必要があるはずです。
全部1行ずつというのは、作業になってしまいます。

・ 

そして、最後に全部書いてみる。
study  live  maku× ・・・

間違えたらまた練習。
make make make make make make 
make make make make make make 
make make make make make make make

もう一度書いてみる。
study  live  make



study  live  meik× ・・・

make make make

全部書いてみる。
study  live  make・・・

次の日、全部書いてみる。


study  liv×  make・・・

いくつか「書けない」ものが出てくるのが普通。
間違えたものだけまた何度も練習。


study  live  make
書けた。

その次の日も、1週間後も書ける。

かなりいい状態です。

残念ながら、これは「覚えた」のではなく、
「今は覚えている」状態です。

だから、使わないと忘れます。

しかし、これは「知らない」のではなく、「忘れた」のだから問題ありません。
むしろ「知っている」に極めて近い状態だといえます。

つまり、「忘れた」のなら、1度辞書やネットで調べて、
「思い出す」ことができれば、
その後、練習しなくても「覚えている」状態は続きます。
「知らない」なら、これまで書いたプロセスが必要です。

1年生の時に覚えまくって、忘れてもよい。
そうすれば3年で大量の単語を思い出せるのです。

社会の用語も、理科の公式もそうです。
数学も実は暗記科目なのですが、ずっと計算は使い続けるので
忘れることは少ないですね。
でも、覚える部分(球の体積を求める公式、資料の整理の用語など)は
英単語や用語と同じように忘れるのが当たり前です。

ドンドン覚えて、忘れよう。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!