平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

倍率が出ましたね。
約20年この仕事をしてきましたが、
これほど強烈な高倍率は初めて見ました。


まず、去年倍率が低かった泉丘が高倍率!

模試で伸び悩み、泉丘が心配だから二水にしようと思っても、さらに高倍率!

桜丘は安定の1.63倍(不合格者200名以上)!!
錦丘が1.51倍

逃げ道なし。
頑張るしかないわけね。

国公立大学行くなら、金沢西ぐらいは・・・
と考えても、1.3倍(不合格者105名)!

それも、不安なら、、、、
大学行くなら、伏見ぐらいは、、、
と考えたくなりますが、
なんと、伏見は1.3倍!

じゃ、ちょっと野々市や羽咋まで足を伸ばして・・・
やっと1.15倍/1.09倍

そんな感じです。
やはり、早めに受験勉強は始めて
余裕で受けなきゃね。


さて、ここからは今年の受験生注目!

泉丘の400人合格/113人不合格を
ビジュアル化してみます。

白が合格者
不合格の数だけ色を塗ってみました。

次は二水。

白が合格者/青不合格者

それでは、おまたせ!
最高倍率の桜丘はこんな感じです。



毎年書いていますが、
私が言いたいことはたった1つ。



白(合格者)の方が
圧倒的に多い!

ってことです。


受かるほうが簡単なんです。

そして、ライバルはほぼ同じ実力。

自分より100点上の人も、
100点下の人もいません。

だから、あと6日
ほんの少しのスパートで合格できるんです。

最後の最後まで諦めず、油断せず
走り続けた人が受かるんです!








このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

POP HILLが今年、復活!