「集中力」ってやつ。

「集中力がない」人はいない。

「集中力」は能力ではないと私は思っている。

小学生なら好きな本を読んでいるときは集中しているはず。

好きなテレビを見ていても数分で集中できないくなる人なんている?

「◯◯に集中していない」ということ。

Aに集中しているときはBに集中していない。

Bに集中しているときはAに集中していない。

こどもを勉強(A)に集中させたければ、
B(他のこと)をする時間を与えなければよい。

(1)テキストをする。できたら先生を呼ぶ。
(先生のところに行ってならぶ塾もあるのかな?)

(2)先生が丸付けをする。

(3)テキストの次のところをする。

この(1)と(2)の間に待ち時間が生じる。
そこで、せっかく問題に集中していた生徒の
頭がOFFになってしまう。
集中力を無くすわけだ。

グッジョブでは休ませない。
先生のまるつけ中、
生徒は必ず他のテキストやプリントに取り組む。

単純だけど、ご家庭でも使える技です。



このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!