楽しそう

生徒に「先生、いつも楽しそうですね」と言われた。

一番のほめ言葉だ。

何をするにも「仕方ないから…」とは思わない。

「たまには家族サービスでもしなきゃいけないんで。」と言う人がいるが、

私は家族と遊びたくて遊んでいる。



3年生の合格イベント「合格塾」で話す先生を決めるときのこと。

演ってもらうように頼むと「えー、誰もいないならいいですよー」と言う先生もいる。

私はやりたいのだが。

本当はやりたいけど、そういっているのか?

本当に嫌なのか?

実際にやってもらうと、最高の授業をする先生ばかりだから、

きっと前者なのだろうが、でもわかりにくいぜ!


あ、合格塾のこと少し書いておこうかな。

受験生諸君、私の出番が多かったらゴメンね。


大人も子どもも、日本人が大好きなフレーズ

「仕方ないからやる」は本音なのだろうか?

「しゃーねーな。宿題でもやろ」という生徒、

「しかたなから、おれやるよ」という大人

本当はやりたくても、「やりたくてやる」のはかっこ悪いのだろうか?

よく分からないが、私は家族と遊ぶのも、仕事するのも、町内会の運動会(走らないかんじのならね)も嫌ならやらない。やりたいからやる。

生徒にも、仕方ないから塾に通うなんて思ったり、

思っていなくても、言ったりして欲しくない。

コメント

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!