進学塾 GOODJOB! オープン

この春、GOODJOB!を新規開校します。


育ち盛りのお子様をお預りする立場として、

塾も成長し続けないといけないと思って、

毎年、改革、改革と言って、新しい事をやって来ました。

3年前の生徒が遊びに来ると、必ず驚くぐらいです。

16年間、変わり続けた結果、




ワンフォーフォーとしてできることは全てやりました。




そこで、さらに成績を上げるため、

さらに、簡単に、確実に、多くの生徒の成績を上げるために

リニューアルすることに致しました。




ワンフォーフォー兼六塾は1クラス4人の個別指導に近い黒板授業をしていました。

集中させるための黒板授業

1クラス4人なので、黒板授業をしながら生徒の手の動きも把握できます。

先生の解説が終わったら、ノート。すぐに手が動くかチェック。

ノートを書いている時も、正確に復習しやすいように書けているかをチェック。

そして、終わったら問題演習。解く過程も全てチェック。

宿題も細かくチェック。



まさに至れり尽くせり、かゆいところに手が届く指導法です。

長野県で3教室、金沢で1教室 このスタイルでやって来ました。

成績アップは当たり前。

自信があるから始めた、“成績アップ保証制度”。でも結局、対象となる生徒はなし。成績は絶対に上がりますから。

※成績アップ保証制度・・・3ヶ月以内で成績が上がらない場合は授業料を全額返金する制度!




しかし、塾長は常に現状では満足しない男です。

とんでもない人です。




そのとんでもない男は考えました。




4人制じゃなければダメなのか?

モチベーションが上がり、生徒が喜んで来て、成績が上がればいいのでは?

この授業スタイル以外の方法でも成績を上げられるのが本物ではないか?

八代亜紀はジャズを歌っても人を感動させられるじゃないか!

勉強できる子は仕事もできるじゃないか。

スポーツで全国大会に行く人は勉強もすぐにできるようになるし、仕事もできるじゃないか!

美味しいとんこつラーメン店の期間限定あっさりラーメンも美味しいじゃないか!




異なる指導法でも同じ成果を挙げられるはず。

そう思ったのです。



そこで、自立個別指導の津幡塾をオープンしました。

予想通り、生徒たちは兼六塾に負けず劣らず、素晴らしい結果を残しました。

3年目から、毎年地域の中学校の3年生が学年順位1位、2位を取ってきます。

1位、2位の生徒が来るのではなく(そういうタイプは1人だけいましたが)

15位とか、30位の子が1位、2位になるのです。


このようにして、自立型の個別指導でも兼六塾に負けない成績を上げられることができることが分かりました。



授業塾と自立個別のそれぞれのメリット、デメリットもよく分かりました。




よし! その2つを融合した塾を作ろう!



学生時代 家庭教師を4年

社会人の時に副業として家庭教師1年

塾講師件、プロ家庭教師を2年

独立して長野県で5年

地元石川県に帰って11年




地域ダントツの成績アップ塾を作る方法が見えてきました!

当然、これからも進化、変化、改革を続けていきます。

全く新しい塾

GOODJOB! をよろしくお願いします!










このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!