おぼえた!!!! わかった!!!! いやまだまだ。そんなタームになりました。

ワンフォーフォー兼六塾&津幡塾の夏期講習で、

特にハードなのは中学3年生のもの。

頑張って欲しくても、付いて来れない
まあ、それもわからんでもない
中学受験生や


自分でドンドン頑張る
大学受験生よりもハードだ。


去年のメニューはこんな感じ。

[月] 国語の夏期講習テキスト1冊

[火] 数学の夏期講習テキスト1冊

[水] 理科の夏期講習テキスト1冊

[木] 社会の夏期講習テキスト1冊

[金] 英語の夏期講習テキスト1冊

繰り返さなければ覚えないので

間違えた問題だけですが、全5回は繰り返しました。

今年は、理科・社会は5回ではなく、

「全問題覚えたら」終わりというシステムにしました。

1冊の学習が終わったら100問テストをして

全問正解なら次の教科に進みます。

「全部覚えた!」と元気よくテストをしたら、

「80点」とか、「97点!」、「98点!」とか

なかなか合格出来ません。

それまでに、「わかった!」「できるようになった!」「覚えた!」

と思っていた状態は、まだ2割の問題が覚えられていなかったのです。

ちょっと不安ですよね。

不安になってくださいね。



受験生たちが「完全に覚えること」の難しさを知ることができたことは

とても大きなことです。

今後の勉強に活かされまくりですね。



そんな意味のある1週間、レジェンドターム(伝説のターム)

が終わり、29日からはゴールデンタームが始まりました。

これはまた、特に数学の演習量が多く、

なかなか進みませんね。

1次関数や図形の本格的な問題を解いたことが無い受験生も多いですものね。

そんな時こそ、丁寧に1問1問解く必要があります。








さて、話は変わりますが、、、

今の時期に夏期講習のお問い合わせをいただくことがあります。


8月6日からのプラチナターム(入試実践編/基礎編)や、

8月20日~のファイナルターム(実力テスト直前講座)

なら、兼六塾で1名、津幡塾で3名ほどお預かりできます。


その前に保護者同伴で面談に来ていただく必要があります。

お早めにお問い合わせください。



兼六塾


津幡塾






このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!