楽しそうに生きている人、見つけました。

身近にいつも楽しそうな人がいると聞きました。

その人は、とにかくよくしゃべるし、

よく笑い、人を笑わすのが好きです。


本をたくさん読んでいます。

だから話題が尽きないのでしょうね。

最近、学生でもないのに漢字テストにトライして93点(100点満点)だったそうです。

なんでも美味しい、美味しいと食べるみたいです。

折り紙を教えてもらって、いろいろなものに挑戦しているとも聞きました。



これは、私の祖父のことです。

今年で93歳になりました。

彼が89歳の時、一回心臓が止まりました。

お見舞いに行ったらいきなり私に、

「お~元気か?」
「仕事はうまくいっとるか?」

と言いました。

死にかけた年寄りが私のことを心配してくれました。

こっちが心配して駆けつけたら、
逆に心配されたのです(笑)



次にこんなことを言いました。

「あ~初めて棺桶に片足つっこんだわ~」

笑えないギャグ。

「隣の(ベッドの人)、わしよりまだ上で90超えとるのに元気やわ」
「わしもまだ死んどれんと思ったわ~」

さらにポジティブシンキング。

あれには驚きました。



最近は、デイサービスも喜んで行き、
そこで新しいことを習ったら
一生懸命にやってみるそうです。

先日、一人でタクシーに乗って
100満ボルトにラジオを買いに行ったそうです。



本当に楽しそうに生きていて、幸せだと思います。

若い時に会社を設立し、多くの社員がいました。

その会社を80歳まで続けました。

もちろん、いいことばかりじゃなかったと思います。

でも、いつも楽しそうにしていました。



私もそんなじいちゃんになりたいし、

生徒たちにもそんなじいちゃん、ばあちゃんになってほしいと思います。

なぜまだ10代の生徒たちにそんなこと言うかって?

当たり前ですが、90過ぎてポジティブに人生を生きられる人は

60歳の時もそうだったに違いありません。
(うちの祖父はそうでした)

40歳の時も、20歳の時もそうだったはず。

苦しい時も、ポジティブに人生を楽しんでいたはず。

10代の時にそんな生き方をマスターすれば、

その後もずっと楽しく生きられるのですよ。

まあ、20代でも、40代でも、70代でも
変わることはできますが、少しでも早い方がいいでしょ。





塾の先生の中には、いつも陽気な

30代、40代、50代の先生がわんさかいるので、

いつも陽気な大人は珍しくありませんがね。





このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!