「UFOキャッチャーの達人」と「勉強の達人」

<授業で話したこと>

UFOキャッチャーって、景品が取れるまでやりたくなるよね。

難しくても、欲しいものならチャレンジするよね。

「3回やったら、楽しかった。取れなくてもいっか!」

って思わないよね。

取れるまでやりたくなるよね。

景品を取って終わりたいよね。




それなのに、勉強では

「1ページやったからいっか!」

と考えるのはおかしくない?

難しかったらチャレンジしないの?

君が取りたがっているテストの点を取れるよ。

できるまで、覚えるまで満足してはいけないんじゃない?




でも、実はそこで終わりじゃ無くて、、、




本当にUFOキャッチャーが上手い人は、

1つの景品が取れたら終わりではなく、

取れたら、なぜうまくいったか考えて、

忘れる前にもう一つ同じ方法で取ってみる。

そして、「取り方」をマスターしようとする。




やり方をマスターしたら、何度やってもできるようになる。



ド素人 ・・・・・やったことに対して(回数で)満足する
 
普通の人・・・景品を1個取れたら(1度できたら)満足する
    
達 人 ・・・・・やり方(解き方)をマスターして初めて満足する



このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!