鶴を折る

私は手先は不器用な方でもないと思うのですが、

鶴を折ったことがありませんでした。

何度かトライしたのですが、

なんか、あそこ、ほら、、、

折り目がないのに正方形にしたり、、、

一回折ったと思ったら、今度は開いて、また閉じてみたり、、、

で、完璧主義の私にはどうしても、
ちょっとずれて白い部分が出るのがおもしろくありません。

あ、全く伝わりませんね。


4と10のとこです。






東京折紙教室の会さん
使わせて頂きました!
ありがとうございます。






そんな私がどうしても好きになれなかった折り鶴ですが、
数ヶ月前に折れるようになりました。

先日、入院している義父に家族で千羽鶴を作ることになったからです。

生まれて初めて鶴を折る目的ができました。


私が鶴を折れなかった理由は知っていますよ。

勉強と同じですからね。


 ● これまでは必要がなかったから、一生懸命になれなかった。

 ● 何度かやってうまく行かなかったから投げ出していた。


どうしたら折れるようになるか知っていますよ。

これも、勉強と同じですから。


1~4を何度も繰り返します。私の場合は30枚ぐらい折ったと思います。

その後、5~10を何度も繰り返します。


でも、5~10を繰り返しているうちに、最初の部分を
忘れているかもしれないので、
1~10の工程を通して何度も繰り返します。

あとは、11~完成するまで同じように繰り返します。


これでできるようになったと思ってはいけない。

次の日も繰り返します。

繰り返すのって大変ですよね。

飽きてきますよね。

と思ったらそうでもありません。

がんばってやると、できるようになり、

嬉しくなります。

そして、意欲が継続します。

これも、勉強と同じです。


どんどん完成していくのを見たらうれしくなります。

もし、ここで誰かにほめられたらさらにやる気になります。
(あ、40代男性が鶴をうまく折れても誰にもほめてもらえませんけどね)

とりあえず、400羽をゴールデンウィークに
じいちゃんの病院に持って行きました。

じいちゃんに喜んでもらって、また鶴を折るスピードが上がりました。





人間って単純ですよね。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!