初心に帰るウィーク

毎年5月の連休は妻の実家がある長野に帰ります。

そこには、私の第1号教室だった、小さなプレハブがあります。




私が背伸びしたら天井に頭がついてしまうようなプレハブです。

そこで、下手なチラシを一生懸命書いて、

下手な面談をして、

下手な授業をしていました。



金沢出身の私には知り合いはいませんでした。



それなのに、多くの生徒が来てくれました。

忘れられない教室です。



今では、チラシも、ホームページもうまくなりました。
頑張りすぎて、プロ並みと言われることもあります!?

面談だけで、生徒にやる気になってもらい、
帰ってすぐ机に向かう子も多くいます。

授業の内容や指導法だけではなく、
家に帰ったら「復習しなきゃ!」と思って
帰ってもらえるような言葉を使えるようになりました。

姿勢や、ペンの動きだけで理解度や、
生徒の考えていることまで解るようになりました。
時には体調が悪いのも顔色ではなくペンの動きで分かります。



でも、あの時の一生懸命な気持ちはあるのだろうか?

毎年考えています。





答えは、YES!






私は恐ろしいほどのプラス思考ですから(笑)

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!