最近の県内公立中学、高校の入試問題が素晴らしい

平成25年度の

錦丘中学校の入試問題

石川県の高校入試問題


どちらも、完全に傾向が変わった。
受験生にとって相当難しかった。
正確に言うと、基本問題も半分程度あり、
それ以外の部分に難問が多く出題された。

ただ難しいだけの問題なら、来年は易しくなるでしょう。
でも、これが難しいだけではなく、
本当の実力を問う、いい問題なんです。
だから、この傾向が変わることはないでしょう。

それに対応するため、真の実力を付けるため、
今年からテキストを変えました。

ただ難しいだけの問題をやることに興味はありません。

しっかり基礎を定着させて応用問題や思考力を
問う問題に対応できるようにするのです。



私を含め、講師の予習が大変になったぜ~。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!