Crystal Kayがやってくれた!

1980年代を代表するラブバラードといえば、

ライオネル・リッチーとダイアナ・ロスのエンドレス・ラブ

今でも結婚式で使われる定番ソングですね。

1994年にルーサー・ヴァンドロスが
マライアキャリーとカバーし、
大ヒットしました。

あれはあれで良かった。





そして、今年ライオネル・リッチーの
ソロデビュー30周年(キャリアは45周年)
記念デュエット・ベストアルバムには、
なんと、日本の人気歌手Crystal Kayと一緒に歌っています!

よく、本人が昔の曲を録音し直すと、
アレンジされすぎて、、、

「大変失礼ながら、昔のほうがいいんですが・・・」
ってことが少なくありませんね。

また、カバーしても、オリジナル歌手が巧すぎて
負けている残念な作品もある。

でも、これは原曲に忠実で、
しかも新しさもあり、とてもいい。

あのダイアナ・ロスじゃなくても、
ぜんぜん違和感がありません。

世界の歌姫マライヤにも負けていない。

そんなエンドレスラブをそうぞ↓





20年ぐらい前だろうか?

REGGAEの人気歌手ジャネット・ケイが、
ミニー・リパートンの名曲
“Lovin' You”をカバーをしてから、

すっかり、オリジナルを聞かなくなった。












このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!