インクジェットハガキ・リッツカールトンホテル

インクジェットのハガキが1枚足りな~い。

ってことで、近所のコンビニへ・・・

私「インクジェットのはがき5枚お願いします」

A店アルバイト(すごく探して、先輩らしき人に聞いて)
「ないと思います」(思いますって・・・)

私・・・「わかりました。じゃこれ(アンパン)だけお願いします。」
(だめだこりゃ、次行ってみよう~)


私「インクジェットのはがきありますか?」

B店アルバイト (ちょっと探して)
「すみません、普通のしかないんですけど。」

私・・・「わかりました。ありがとう。」
(もうちょっと探したらないの?)
(はい次いってみよう!)


私「インクジェットのはがきありますか?」

C店アルバイト(探す前に)
「申し訳ありません。官製はがきしか置いてないのですが・・・」

私「わかりました。ありがとう。」

C店アルバイト
「申し訳ありません。またご利用くださいませ。」

素晴しい!!

たまたま前にインクジェットを買いに来たお客がいたから
うまく対応できたのか?

商品を完全に覚えているのか?

マニュアルにあるのか?

先輩がしっかりと教えているのか?


この大きな違いは何なんだ。

あ、別にその子が特にかわいかったわけではありませんよ。
2番目の方がかわいかったと思います。
あまり覚えていませんが・・・


でも、この地域No1アルバイトさんは、
実際の仕事量は少ないですよね。
しかし、商品知識(官製はがきという言葉や、店にあるなし)
を身につけるのにその他のアルバイトさん
より時間をかけているはずです。

(あ~やっぱり、コンビニにはないのかな?
もう一店舗だけ行ってみよう。)


私「インクジェットのはがきありますか?」

D店アルバイト(探して、確認しながらゆっくりと)
「え~これは、インクジェットではありません」

私・・・(昔の中1の英語の教科書のLesson1かいな)
(だいたいコミュニケーションできていないし)
(この話のオチをありがとう!)

結局彼がわたし(お客)の目を見ることは一度もありませんでした。


全く同じ物を買いに行って、
どの店員さんも、
「その商品がない」と言っているだけなのに、
店によってこんなに違うんですね。


たまたまそれらの店員さんがそうだったのかもしれませんが、
お客にしたら、その1回の経験で、
もう二度と行きたくなくなることもあるわけです。

もともと、からあげクンやプレミアムロールの
商品力でC店に行くことが多いのですが、、、
クリームパンやおにぎりなど、同じ物を買いに行くなら、
きっと、C店に行くと思います。

塾だって同じです。

電話で問い合わせて、「満席です」の一言でも
大きく違うんじゃないですかね?

だから、うちの塾では、
宅急便が来た時の対応まで
うるさく講師に教えるのです。

出た人がその時の塾の代表なのですから。

宅急便が来たら、明るくあいさつし、待たせない。

それが集客に影響するわけではないのですが、
だからこそ、いい対応が出来る人が、
本当に「できる人間」なんだと思うのです。
そういう人と一緒に仕事をしたいのです。

そういう行動、言葉が自然に出る人は、
わたしがいる時だけしか働かないなんてことはありません。

また、そういう人は仕事も上手なんですよ。
生徒の事を考えて、解く問題を指示したり、
言葉を使ったり、メッセージを書けるんです。

保護者や生徒にだけ感じが良くて、
宅急便の配達の人に、「そこ置いといて~」
と偉そうにしていたら、、、

わたしが生徒なら、一気にその先生のことが嫌になります。

リッツカールトンでは、スーツを着たまま、
荷物を運ぶのを手伝うそうです。

一流の対応を、小さな小さな塾がまねています。





このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!