平成24(2012)年度 石川県公立入試 英語分析

生徒が、問題を持ってきたので、 早速英語について書いてみましょう。

予想以上にオーソドックスな問題です。

特に大問2の並べ替え問題は最近明らかに易しくなっています。

[大問1:リスニング]
 去年同様、放送で英文を読み上げるスピードが速かったそうです。
まあ、一度速くなったものが、遅くなることはないでしょうから、
当然。今後はこれが普通になるでしょうね。

 [大問2:並べ替え]
最近の大問2は簡単ですね。並べ替えが出るようになってから、最も簡単かも。

 [大問3:対話文] 
少し長いが比較的易しい。
実はディスカッション形式だったので、私の大胆予想当たり!          
この地味な大当たり、分かるかな~、わからないだろうな~

 [大問4:長文]
ちょっとだけ、見た目は変わった感じですが、設問が簡単です。
記述式問題も少ないし。少し難しい問題もありましたが、
石川県の入試にしてはそれほどでもありません。

 [大問5:英作文] 英語の先生に次のように言われた時、あなたなら英語でなんと答えますか。 Please tell me about your treasure.
ちょっと、書き出しを考えるのに時間がかかったかな?


平均が高くなると思ったが、どうやら、リスニングが難しかったようで、
そんなに高くなることはなさそうだ。

55~57点ぐらいかな。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!