春期講習 今日は兼六で特訓。

生徒の態度について書いてみよう。

私は、(私を含む)講師への態度にはうるさくない。

うるさくないというより、そこを注意すると
見られている時しか頑張らない子や、
頑張っているふりをする子が増えるからだ。

でも、勉強への態度にはうるさい。

「私をなめてもいいが、勉強をなめるな」

ということだ。

※注:塾だから、勉強への態度のほうを優先するという
だけですよ。誤解しないでくださいね。
大人への態度もちゃんとできないのは
どうかと思いますよ。

「背筋をまっすぐにして!」
と指摘して、私が見ている時だけ
姿勢が良くなる(家でも学校でも悪いまま)
のは、大人(私)への態度は良くて、
勉強への態度が悪いのだ。

もちろん最初は大人(私)への態度だけ良くなって、
少しずつ、勉強への態度も良くなればいいのだが・・・


学校でも塾でも、言われることしかしない。
厳しい先生の時しか真面目にやらない子がいる。

結構多いタイプだが、
成績は上がらないどころか、
学年が上がるにつれ下がっていく。

その状態から、成績を上げるのは結構難しい。

毎回、春の特訓は大勢の新しい生徒が来るので、
能力とか努力とかいう前に、勉強への態度が、
塾に長くいる生徒とのギャップが大きくて驚いています。

でも、みんな最初そうだったんです。

新しい生徒のみんな、
君たちは今が一番大変だと思います。




最初はよろこんで塾に行くけど
だんだん行くのが嫌になる塾もありますね。

うちの塾は最初大変で、どんどん楽しくなるようです。




このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!