平成24年度 私立高校入試

【石川県 私立高校入試 速報!】

金沢学院東高校、遊学館高校、北陸学院高校は
毎年難易度も出題形式もあまり変わらない。

金沢高校もオーソドックスな問題だ。

「どこをどのように取れば合格ラインか」が解る。
それを生徒に教えて、過去問数年分を解く。
そして、そのまま本番でやればかなりの
高得点を取って合格可能だ。

ところが、星稜は、毎年様々な工夫されており、
難しくなったり、易しくなったりする。
問題もかなりユニークだ。

といっても、安定しているのと、
刺激的なもののどちらがいいとは言えない。

私たち塾の人間は、星稜の問題を解いていると
楽しくなると同時に、
生徒たちがちゃんと出来たか、
ハラハラ・ドキドキだ。


<星陵高校>

それでは、生徒の問題を見て一言だけ。

●英語
1ページ 大問1~3は例年通り、アクセント、発音、文法問題
2ページ 大問4も例年通り長めの長文問題
4ページ 長~い 長文問題。これは難しい。
塾の超長文問題に慣れている生徒たちも、かなり苦戦したようだ。
これに時間をかけ過ぎたら、いけない。
8ページ(そう、大問5は4ページもあった)
おなじみ、少し難しい並べかえ問題。

●数学
これは、難しかった。
本当に、難しかった。
どこで点数取るん?

って感じの生徒も多かったと思う。

最初の計算もいきなり、難しい。

それでも、この大問1の(1)~(9)で点を取らないと、
苦しくなる。ミスなんてとんでもない。

大問2 (1)証明の穴埋め、(2)相似な三角形をいう問題、(3)長さ
の問題は、よく出るが、決して簡単ではない。

大問3 二次関数(1)(2)は絶対に取りたい問題。
大問4 時計の問題 全国の公立の問題でも時々見かけるので、
やったことがある人はできるが、初めて見る人には、
問題を理解しにくかったかも。
大問5 上位の人が出来たが、苦労した人も多いか。


今年はどの科目もかなり難しかった。

上位層にとっては、時間配分さえ上手く行けば、何とかなったと思うが、
もう、普段200点台の人にとってはかなり難しかったと思う。

これは、受験者の中で二極化しそうだ。




このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!