2011年度 第一回 金沢市統一テスト速報!

今日終わったばかりなので、

ほんのちょっとだけ書きますよ。



数学

なんというオーソドックスな。

去年が難しすぎて中学校の先生が進路指導に苦労したからなのか、
かなり易化しました。

去年の平均点が33点でしたから、60点あれば
結構できた!と考えなければなりませんもんね。

今年は50点ぐらいだろうから妥当ですかね。

今年の統一テストの大きな変更点としては、
テスト範囲はこれまで二次関数の基本(変化の割合まで)
だったのが、今年は二次関数の応用を含む全範囲となったこと。

だから、今年は当然、二次関数の応用問題がでるものと思っていたが・・・

二次関数の問題、なし。ガ~ン。驚きました。

いくら問題が易しくなっても、
半数ぐらいの受験生にとっては難しく感じたと思うけどね。
それが統一や入試の数学だ。



英語

英語もかなり易化したんじゃないの?

大問2 並べ替えも3問とも簡単。
大問3 対話文は設問が簡単。
大問4 長文は内容が簡単。

平均上がりますね。



と、気付いた点をささっと書いてみました。

河北郡市の方も、けっこう簡単になった印象です。




小学生時代に、計算力はもちろん、
思考力をつけて、文章問題を得意にしておきたいものですね。

英語も、聞ける・読める・書ける・言える
すべての技能が見に付いているといいですね。


↓小学生コースはこちら







このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!