2011年 統一テストが終わったら・・・【河北編】


7日に河北郡市統一テストが終わりました。

このテストの結果で志望校を2,3個にまで絞ることになります。

河北郡市の場合、

泉 丘・・・平均点 +140点
二 水・・・平均点 +120点
桜 丘・・・平均点 +100点
錦 丘・・・平均点 + 80点
 西  ・・・平均点 + 30点 
伏 見・・・平均点

例えば、全体の平均点が250点【*注】だった場合、

350点だった人は【平均+100点】ですから、
その後人並みにがんばったら桜【平均+100点】、
人の倍頑張ったら二水【平均+120点】と考えてください。

泉はかなり難しいでしょう。
もちろん、強い覚悟と、その時間があるのなら、
応援しますよ。

また、西レベルということもなくなったと言えます。

平均+60点で、西にトップ合格することも
生徒が希望すれば応援します。

模試の結果も考慮に入れたほうが正確に判断できますし、
調査書の評定(内申点)も考える必要があります。

さらに、塾生の場合は、
勉強の進度・理解度、基礎学力、受験生としての心の有無などから
伸びしろもある程度把握し、進路指導します。





さらに、河北郡市の統一テストは、自分の学校の平均点しか
教えてもらえません。

平均が高い学校と低い学校の差は30点以上あるので、
学校で教えてもらった平均点だけで考えるのも危険です。

では、どうするのか?

それは・・・

塾にご相談ください。



このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!