2011年度 学校訪問 津幡中 良かった授業

3年の道徳の授業、すごくいい感じでした。

道徳なのに、生徒が集中して授業を受けていたのが印象的でした。

3年の英語T先生。問題演習であるにもかかわらず、
生徒は集中していました。

当たり前のようで、当たり前ではありませんね。
生徒のみんなは他の授業の問題演習中、

お父さんお母さんは中学時代の授業中を
思い出していただければ、
クラス全員が、授業中に集中して問題演習をすることが、
当たり前ではないことは分かりますよね。

そして、授業が抜群に上手な先生が1人いらっしゃいました。

1年生の授業です。

良い授業は、生徒を見れば判ります。

その先生の授業は、見事に生徒の心をつかんでいました。


先生中心のユニークな授業を展開したり、
厳しくして黙らせることは比較的簡単です。
しかし、その先生の授業はどちらでもありませんでした。


笑いがあるのに、

だらだらしていないのです。

生徒が必要だと感じるから、聞きたいから
授業を聞く。楽しいから積極的に参加する。


その先生とは、、、

英語のN先生です。

すばらしい授業を見せていただき、

ありがとうございました。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!