金沢市の英語の教科書がサンシャインに・・・

今日、ある業者さんから情報が入った!

来年度の採択教科書が決定したとのことで、、、

いくつか変更はあるが、

特に注目すべきなのは、英語がこれまでのニューホライズンから、サンシャインになることだ。

私が中学生の時からずっと使ってきたニューホライズンでなくなるのは寂しい気もする。

そして、前々回の改訂で、大胆な変更を行い、最近はやっとニュー・ニューホライズンが

好きになったのに・・・。

というのは、普通の英語の教科書はLesson1(1)→Lesson1(2)→Lesson1(3)→Lesson2(1)・・・

と進む。ニューホライズンも前はそうだった。

それが、前々回の改訂で、ニューホライズンはとんでもない構成になってしまった。

Unit1 Starting out → Dialog → Reading for Communication なんて、なんともわかりにくい。

最初はとても違和感があった。使いにくかった。

7社全ての教科書と、プログレス(有名私立中学が使っているハイレベル教科書)

の中で最も使いにくいと思った。

しかし、ニューホライズンのコンセプトが解るようになり、

良い教科書だと思えるようになった。

それなのに・・・

まあ、サンシャインも結構好きだからいいんですが。

(それなら、こんなに長々と語らなくてもいいやんかってか)

津幡はホライズンやし、両方楽しめるからうれしい。

予習が大変ですがね。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!