Leptonのスゴイところ

生徒がヘッドフォンで
何度も、何度も、
なまりのない、ネイティブの正しい発音を聞いて、
何度も自分で発音できる。



本物の?ネイティブスピーカーがいる英会話教室では絶対にできません。

確かにネイティブのいる教室のいいところもあります。

でも、英語の上達を考えたら、Leptonの方が圧倒的にいいのではないでしょうか?

だって、何度も何度も、自分の苦手な単語だけ、

発音してくれるネイティブがいるわけないですよね!

たとえば・・・

Janet先生:clip

Janet先生:clip

たかしくん:クリップぅ、ん?・・・ クリップ

Janat:No, no. clip

たかし:クリッポ~

Janet: Takashi, listen to me carefully.

たかし:???(なに言ってるんだろう?ジャニック先生は?)

おっと、たかしくんは先生の名前もまだ発音できていないようです。

Janet: clip

たかし:ええと、クリップ

Janet: OK, Good job! Next word.  "pin"

・・・・

Janet: Let's sing together.  おっと、急な展開!

Mary Had a Little Lamb. Mary had a little lamb, little lamb, little lamb, 
Mary had a little lamb, Its fleece was white as snow. 
And everywhere that Mary went, Mary went, Mary went, 
And everywhere that Mary went, The lamb was sure to go. 










実際には何人もレベルの違う生徒がいるのですから、

同じ発音を何度も、発音してもらえることはないでしょうね。



Leptonでは、1語につき、1日最低20回は正しい発音を聴き、生徒は大きな声で発音します。


そして、できるまで繰り返し聴けます。

うまくなったら、先生のチェック。合格したら次へ。

もし、まだ練習する必要があったらもう一度戻って練習。






一人では恥ずかしがって発音しない生徒がいるんじゃないかって

気になるところですが、全員、大きな声で練習していますよ。



ヘッドフォンで音楽を聞いていると、ついつい大きな声で歌ってしまいません?

私はしょちゅうです。

それと同じだと思います。かなり、みんな大きな声で発音します。



楽しいだけの英語教室との圧倒的なちがいです。

今日、Lepton本部の先生がお越しになり、

いろいろお話させていただきました。

そして、Leptonの素晴らしさを再認識しました。

今日も、多くの生徒がLeptonをドンドン進めています。

2年生、4年生、5年生、6年生

みんな、もう2ヶ月目ですが、飽きること無く、

どんどん上達しています!

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!