返事と行動のおいしい関係

「はい」と、良い返事ができることは素晴らしいことだ。

子どもなら、きっと、みんなに愛される人になる・・・

と思ったら、そうでもない。

相手は、その返事と同じぐらい、その後の行動を見る。

子どもでも大人でも。

行動より先に言葉が出るタイプがあぶない。

返事しなくてもすぐに行動出来る人は、勉強(仕事)ができる。

返事して行動はもっといいけど、行動するなら、

別に返事はいらないとさえ思う。

でっかいハイより、普通のハイ+行動が最もいい気がする。

すぐに行動しないのに返事をしても何の意味もない。

だから、生徒に「返事しろ」と言ったことはない。

でも、「すぐにメモ!」とは言う。

だって、忘れたくなかったらメモするでしょう。

嵐がジャスコもりの里に21日の22時11分に来る。

赤い服を来て、三つ編みにしていたら、サインがもらえる。

っと、友達に聞いたらメモするでしょう。

「へえ」と言っただけでメモしない人はきっと忘れる。

いや、絶対に行きたい人は、絶対にメモするだろう。


メモを探して、コンビ二のレシートの裏にでも、書くよね。




メモする必要があるとおもうかどうかの違い。


まあ、嵐はジャスコに来んやろうけどね。そうやろね。





「次、コンパス忘れないで~」と言ったら

スグに「ハイ!」といって、すぐに次のことをする人。

コンパスを大切だと思っていないってこと。



やっぱり、どこかにすぐにメモする人が、伸びる。




つまり、

【返事>行動】 ではなく、



【行動<返事】 が大切。



ん?



あれっ一緒やんか。

そうじゃなくて・・・

【行動>返事】 が大切。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!