「今さら、紙の辞書なんて・・・」 そう思っていた。 (1)

別に紙の辞書を否定するわけではありません。

私は紙の辞書も電子辞書も使います。

ネットでも、iPhoneでも知らない単語を調べます。

それぞれのメリット、デメリットは今さら書く必要もないでしょうが、

中高生の皆さんにとって大切なのは、

知らない単語に出会った時に、辞書を使おうという気になることです。

面倒だから調べないぐらいなら、

どんな方法でも単語を調べる習慣が付いているのがいいのです。

ですから、持ち歩きたくなるような

かわいい電子辞書が増えたことは素晴らしいことだと思います。



私が今、気に入っている電子辞書は、


SHARP Brain(ブレーン)

カラー液晶電子辞書 スタイリッシュモデル

PW-AC10




  • 広辞苑第6版(収録画像 4,000点、収録図表 約2,500点), 
  • 漢字源(JIS第1~第4水準版) (筆順収録),パーソナルカタカナ語辞典
  • ジーニアス英和(第4版)(収録図表約250点),
  • ジーニアス和英辞典(第2版)


古語辞典がないのが残念ですが、

約10000円で買えるのは凄い!

とにかくカッコいい。

塾の自習室に何個か置いておきたいと思っています。



58種類の辞書、辞典が入っていることが大切だとは思いません。

少なくとも、「ドイツ語辞典」や「冠婚葬祭マナー辞典」、「家庭の医学」を、

中高生はいらないでしょう。




また、iPhoneアプリ版、ジーニアス英和・和英にも興味があります。

4800円は高いが、携帯だと、調べたくなる?調べる気になる?

という人にはいいと思いますよ。私も今度買おうと思います。

紙のジーニアス英和と和英で、6930円ですよ。

ジーニアスが出た時からファンで、ver1~3まで全部買った私ですが、

これからは、iPhone版にします。




ああ、また長々と書いてしまった。

つづく。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!