変化しないほど難しいことはない。

参観日だった。

娘の体育の授業中、ずっと流れていたのは、

Avril Lavigne (日本人が発音に苦労する名前だね)

坊主頭の担任の先生の選曲だろうか?

ナイス!

Avrilは日本でも人気だね。


何がスゴイって、デビューして10年間、

変わらないこと。

髪型も、曲の感じも、変わらないのが凄いと思う。


1998年のブリットニーは、



2008年のブリットニー


すっかり大人になりました。

確かに、どっちもベッピンさんなんですけど、

当時の雰囲気とは大きく違いますよね。

曲も、どっちもいいけど、デビュー当時の

ナチュラルな感じの方が、よかったと感じることが多いんですよ。

マドンナ、ELTも、ドリカムもそうですけど。

上手くなったけど、ちょっといやらしくなったような。



尾崎豊のデビューライブを超える映像を見たことがありません。




大人になった尾崎もかっこいいんですよ。

でも、デビュー当時の好きな曲をひたむきに歌うカッコよさが無いと思うんです。




Beatlesも、Let It Beの洗練された完ぺきなサウンドもいいけど、デビューのカッコよさは超えられない。





もちろん、どんどんカッコよくなるバンドや、ずっと変化しながらカッコよく居続けるのもいいですね。

ストーンズやエアロはそうですね。







10年以上、変わらず、魅力的なアヴィリルは凄いと思う。

それで、ずっと人気なのだから。


最近のアヴリル




2008年のアヴリル



2002年のアヴリル



でも、変化しないために、多くの努力が必要だし、

見ている側は変化しているのだから、

変化していないように、見られるということは、

時代に合わせて、変化しているということ。

かっぱえびせんも昔と変わらないと感じるのは、

時代に合わせて、少しずる変化しているから。

もし、昔のかっぱえびせんを今食べると、おいしく感じないはず。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!