またまた音楽ねたを2つ

K-POPを5年前、BOAにはまり、

韓国語バージョンを集めていた友達がいます。

それ以来、韓国の音楽が好きになり、

なんと数年前からKARAや少女時代を聞いていたんです。

その頃、彼は「韓国の歌謡曲はすごいぞ。KARAとか少女時代って、

日本のSPEEDとか、アメリカで言うとTLCねんて。DVD焼いてやるか」

といっていましたが、興味がなかった私は「いらん」と言っていました。

まさか、こんなにブレイクするなんて思ってもいませんでしたから。

町で聞いても、きっと耳にはいらななかったでしょう。

アンテナが立っていない。ピントが合っていない状態だったのです。

今では、大好きですから、どこで聞いても、誰かのヘッドフォンから漏れてきても口付さみます。

さて、ここで問題です。

コンビニのレジの周りに一番多く置いてあるのはなんでしょう?

すぐに分かる人は、アンテナが立っている人であり、そこにピントを合わせることができるのです。

正解は、たばこです。

タバコを吸う人は、何を買うときも、タバコの銘柄にピントがあいます。

「おっつ、新製品だ」、「たまには、なんちゃらライトにしてみっかな」

と、思っていることでしょう。

しかし、タバコを吸ったことのない私なんかは、無くなっても気づかないと思います。

私は車は好きなので、町ですれ違った珍しい車には絶対にピントがあいます。

ここ数日で見たのは、、、日産のジュークとか、BMWのX1、ベンツのRクラス、、、


で、私が言いたいことは・・・

みなさんが、答え合わせや、テストが返ってきたときに

フォーカスを当てるべきなのは、◯の問題でなく、×の問題です。

テスト勉強で、◯にピントを合わせると、「おっ、80点か、この科目はもう大丈夫、次は・・・」

となります。

×にピントを合わせると、「あれ、どこがちがうんだろ?」「覚えておこう。」と考えます。

授業を受けて、よく解っても、

問題を解いても、

その時点では点数には結びつきません。

◯だった問題からは何も得られません。

×だった問題が、解って、できた時、始めて点数に結びつくのです。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!