日本人男性シンガー

ここ10年ぐらいで、邦楽のレベルが確実に上がっている。


特にR&B,ブラックコンテンポラリー系の女性シンガーの歌唱力。


記憶では、クリスタル・ケイ、宇多田ヒカルが出てきた時、


MISIA、AIが出てきた時、


日本のR&B, ブラックコンテンポラリーのレベルが確実に上がっている気がした。


日本人として、悔しいけど、


やはり、音楽において、アメリカやイギリスに完全に負けているのは事実。


でも、やっと同じCDラックで、日本のミュージシャンのCDと、


Lauryn HillやErykah Badu のCDを並べても違和感がなく、


オリジナルテープ(今は「プレイリスト」)で、


Janet → SADE → MISIA → Jody Watley → 安室 と並べても、不自然じゃ・・・


ない。


と書きたかったが、、、


今、改めて書いてみると、やっぱまだ、負けてる気がする。 


でも、結構負けていないレベルにはなったと思う。


その一方で、男性シンガーではなかなか、洋楽レベルの声、歌唱力の人がいなかった。


かなり前だけど、久保田利伸が結構がんばった。


特にファーストアルバムは良かった。


そして、忘れてはいけないのが、Rize と Dragon Ash


しかし、、、、これは、、、 レイディオから流れてきて、びっくりした。


tee 


baby, I love you




R Kelly か、Baby Face かと思ったよ。


いや~かっこいい。


このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!