久々に、いいアーチスト

最近気に入ったアーティストがいないので、

ずっと西野カナとExile、たまに初期のエアロスミスを聴いていたが、

飽きてきたので、通勤時はラジオを聞いている。

今日、流れてきた曲がカッコよかった。

ファンク・フジヤマさんというらしい。



1970~80年代初めの山下達郎そっくりのサウンド。

エッジのきいたギターと、突き刺さるようなヘビーボーカル!





大ヒット曲、クリスマスイブ以降のさわやかな和製AORサウンドや、

オーバーバビングによる、一人アカペラも大好きだけど、



クリスマスにぴったりの1人アカペラアルバムは、
“On the Street Corner” vol1~3
名盤中の名盤です!

なんと言っても山下達郎といえば、初期の激しいロックサウンドだね。


最近では、キムタクのドラマの主題歌に「Ride on Time」が使われていたけど、

あの頃の達郎サウンドといえば、分かりやすいかな?

(それでも分かりにくいかな?)

とにかく、初期の達郎には決して洋楽に負けないカッコよさがあった。

そのサウンドそっくりなんだけど、決して「真似したな」とか、「パクリか」とは

思わず、達郎のニューアルバムのように聴ける。

まあ、ドラムが、ポンタ秀一さんだから本物で当然といえば当然なんだけど・・・

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!