合格本2010

県内の受験生にはおなじみ、受験生のバイブル「合格本」

金沢で塾を始める前、他県に7年もいたので、
石川県の高校の事が分からなかった。

金沢で塾をすることは、ずっと考えていたから入試問題は全て持っていて、研究もずっとしていたが、

女子高が、共学になって…なに?
伏見?場所はまだ、ラパークの横を入って
高校の前の「焼肉かわだ」ってまだあるん?

あれ?金城も共学に?遊学館?それは野球の噂きいたから分かる。
星稜中学の山本監督が、そこの監督になってんね。

さらに、短高が、金沢東?カッコイイ名前になったね。

と、こんな感じだったので、

とりあえず、本屋で石川県の高校の事がわかる雑誌でも無いかと

探してみることにした。

その時出会ったのが「合格本」だった。

なんと、塾の団体が作ったと書いてあった。

倍率から、内申点のウエイト、

各高校の合格ライン。

欲しい情報が全て載っていた。

前いた県には、こんなん無かったぞいや!

と思った。

それが「合格本」との出会い。

今は、ちょっとした縁があって、

英語ページの責任者をやらせて頂き、

表紙デザインもやらせていただくようになって、

今年で3年目だ。

受験生、今年のはさらにいいよ~。

と言っても、これまでが悪かったわけではない。

毎年良くなっているのだ。



つづく…かも。

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!