石川高専を目指すなら、ちゃんと対策を。公立入試や学校の試験とは問題が全く異なりますから。

今日は石川高専を目指すキミの学習プラン!

津幡のみなさんに人気なのは言うまでもありませんが、
金沢、小松、富山からも受験する人が多くいます。

試験問題は、記述問題が多い公立高校とは全く異なり、
問題は難しくて、全てマーク式(選択問題)です。

英語で三平方の定理を使って距離を求めたり、
面積の問題が出たりするので、
英語にも理数の知識が必要だったりします。

作文はありませんが、長文問題はかなり難しく、長いです。

数学と理科は非常に難しいです。
教科書や定期テスト、学校の実力テストレベルの
勉強をしても点は取れません。

また、理数が得意な子ばかり高専を受けますので、
理数で合格を勝ち取ることは難しいでしょう。

そこで、国語・英語で高得点を取り、
ライバルに差をつけるのが一番です。

グッジョブの夏期講習はここまでやります。

通知表が良くて、推薦を狙うキミははこちら。


通知表、実力テスト両方いまいち。
これから頑張って、今から一般入試で高専を目指すキミはこちら。


このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!