20年目なので、昔話を少し①

20年間、無料春期講習やってます!

って偉そうに言っていますが・・・

20年前に塾を始めたのは、長野県の長野市。
知り合いがいない土地でした。

看板はホームセンターで青色の板を買って、
白色のペンキで手書きしたもの。

教室は古くて狭いプレハブ。

昭和の話みたいですが、

平成ですよ。

安室、モー娘。スピード時代です。

インターネットはあったけど、
欲しい情報が今ほど簡単に
手に入る時代ではありませんでした。

あるのは、退職金で買った
パソコン、プリンター、そして
一太郎(Wordのようなソフト)だけ。

その時に思いついた企画が
「無料春期講習」です。

チラシを新聞に折り込み、
近所に挨拶しながらポスティング
金沢や津幡とは異なり、
家はポツリ、ポツリ。
1件、1件の距離が遠くて大変でした(笑)



最初に問い合わせをくれたのが、

隣の市のYさん。

今でも忘れられません。

中学2年生が6名

中学3年生が1名

来てくれました。

学生時代に家庭教師と塾講師を4年
社会人になって副業として塾講師を1年半
その後、修行のために塾で1年働いて
独立したので、

授業はそれなりにできるつもりでしたが・・・

う〜ん。今思えば、あの授業で
ファンになってもらう(塾に来てもらう)
ことはできません。

結局、春期講習後に残ってくれたのは、

2名

Yさんと、H君です。
2人来てくれれば、
塾の授業はスタートできますので、
ほっとしました。

2人には感謝しています。
そして、あの時の気持ちは忘れてはいけません。

長野で5年後、金沢に帰って15年

今では、テストを見て、少し話しただけで、成績の上げ方が見えるようになりました。

合格塾では、150人を相手に授業をしても、全く緊張しません。今年は特に評判がよく、アンケートで名指しで授業を褒めていただきました。

リンゴマークが光るパソコン(ってことはちょっと前のやつやね)で、上手にチラシは作れるようになり、チラシ折り込みは当時の半分以下に減らしても、塾生の紹介や口コミで入塾していただくことが増えました。

石川県に帰ってからは、昔の同級生も大切な子どもたちを預けてくれます。

無料春期講習の参加者も多くなりました。

だからこそ、あの時と同じ気持ちで指導したいと思っています。

無料で来ていただき、授業を受けていただき、そして、選んでいただけるように一生懸命指導する。それがグッジョブの原点です。

他の講師にもその想いを話して、「教えてあげてる」という気持ちにならないよう、「来ていただいている」気持ちを忘れないようにと毎年話します。





塾選びで迷ったら、ぜひグッジョブの無料春期講習へ!

募集人数は中学生5名、高校生3名といたします。



春期講習詳細はこちら!






コメント

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!