2017/02/05

ブリティッシュ風ロック〜U2, ワンオク, 欅坂, COLDPLAY

日本でヒットする曲は、
1970年代(70's)のディスコ・サウンド風のものが多かった。

そのお手本となっているのが、
Kool & The Gang と Earth Wind & Fire




ガッツだぜ!(ウルフルズ)
LOVEマシーン(モーニング娘。)
決戦は金曜日(DREAMS COME TRUE)

最近では、SUN(星野源)なんかが、70'sサウンド。


わかりやすくて、ファンキーで、カッコいいですよね。

明るくて、若々しくて、ライトな曲調。
スピード感がたまらない。

日本で売れやすいパターン。
アイドルグループのヒット曲を作るときの、
王道パターンと言っても過言ではない。

とんねるずもヒット曲を作ろうとして、
「嵐のマッチョマン」を発表し、本当に大ヒットしました。

一方、ブリティッシュ・ロック風の曲を
日本人が作ってもあまりヒットしたことがありませんでした。

ところが、ここ数年、日本で、
ブリティッシュ・ロックのような曲がヒットしています。

渋くて、、大人っぽく、ヘビーな曲調。
スピードは少し緩めなものが多い。
曲全体にノイジーなギターが絡みつく。
さらに、ここ20年ぐらいはデジタル時代で、
そこに機械的な音が、攻撃してくる。

COLDPLAYがその代表。


このようなテイストでヒットした邦楽は、
L'Arc~en~Cielぐらいでしょうか。

ところが、、、

最近は日本のあちこちで、ブリティッシュ・ロックが
流れている。

私が最近好きなのは、次の2つ。
文句なしカッコいい。

日本でこんな曲が流行るのは嬉しい。

まずはワンオク。


次が欅坂46。

彼女らの曲はどれもハイクオリティですが、
この曲は完全にブリティッシュ・ロック。


そして、歌詞に重みがある。
大人を睨みつけたり、
生きる意味を探したり、、、
尾崎豊のようだ。

まあ、とにかくかっこいいんやわ。
ずっと仕事しながら聞いていられる。

いい春期講習、新年度授業の企画が
ドンドン湧いてきました。

おかげで、
無料春期講習は、さらにパワーアップ。
オリジナル動画授業が7年ぶりに登場。
毎回の小テストの得点管理データベース。

来年度もグッジョブに、
ご期待ください。


イギリスではないけど、そっち系サウンドの王様は
なんと言ってもアイルランドのグレーテストバンドU2ですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿