2014/03/31

進学塾 GOODJOB! オープン

この春、GOODJOB!を新規開校します。


育ち盛りのお子様をお預りする立場として、

塾も成長し続けないといけないと思って、

毎年、改革、改革と言って、新しい事をやって来ました。

3年前の生徒が遊びに来ると、必ず驚くぐらいです。

16年間、変わり続けた結果、




ワンフォーフォーとしてできることは全てやりました。




そこで、さらに成績を上げるため、

さらに、簡単に、確実に、多くの生徒の成績を上げるために

リニューアルすることに致しました。




ワンフォーフォー兼六塾は1クラス4人の個別指導に近い黒板授業をしていました。

集中させるための黒板授業

1クラス4人なので、黒板授業をしながら生徒の手の動きも把握できます。

先生の解説が終わったら、ノート。すぐに手が動くかチェック。

ノートを書いている時も、正確に復習しやすいように書けているかをチェック。

そして、終わったら問題演習。解く過程も全てチェック。

宿題も細かくチェック。



まさに至れり尽くせり、かゆいところに手が届く指導法です。

長野県で3教室、金沢で1教室 このスタイルでやって来ました。

成績アップは当たり前。

自信があるから始めた、“成績アップ保証制度”。でも結局、対象となる生徒はなし。成績は絶対に上がりますから。

※成績アップ保証制度・・・3ヶ月以内で成績が上がらない場合は授業料を全額返金する制度!




しかし、塾長は常に現状では満足しない男です。

とんでもない人です。




そのとんでもない男は考えました。




4人制じゃなければダメなのか?

モチベーションが上がり、生徒が喜んで来て、成績が上がればいいのでは?

この授業スタイル以外の方法でも成績を上げられるのが本物ではないか?

八代亜紀はジャズを歌っても人を感動させられるじゃないか!

勉強できる子は仕事もできるじゃないか。

スポーツで全国大会に行く人は勉強もすぐにできるようになるし、仕事もできるじゃないか!

美味しいとんこつラーメン店の期間限定あっさりラーメンも美味しいじゃないか!




異なる指導法でも同じ成果を挙げられるはず。

そう思ったのです。



そこで、自立個別指導の津幡塾をオープンしました。

予想通り、生徒たちは兼六塾に負けず劣らず、素晴らしい結果を残しました。

3年目から、毎年地域の中学校の3年生が学年順位1位、2位を取ってきます。

1位、2位の生徒が来るのではなく(そういうタイプは1人だけいましたが)

15位とか、30位の子が1位、2位になるのです。


このようにして、自立型の個別指導でも兼六塾に負けない成績を上げられることができることが分かりました。



授業塾と自立個別のそれぞれのメリット、デメリットもよく分かりました。




よし! その2つを融合した塾を作ろう!



学生時代 家庭教師を4年

社会人の時に副業として家庭教師1年

塾講師件、プロ家庭教師を2年

独立して長野県で5年

地元石川県に帰って11年




地域ダントツの成績アップ塾を作る方法が見えてきました!

当然、これからも進化、変化、改革を続けていきます。

全く新しい塾

GOODJOB! をよろしくお願いします!










2014/03/18

公立高校 合格発表の日は毎年こんな感じ。

12:00 北國新聞社前で合格発表を待つ。

12:30 少しずつ貼りだされる。


12:40 ケーキ屋で報告に来た子の為にケーキを買う。

12:55 生徒が報告に来るので塾にダッシュ。

14:10 生徒が来る。


上の写真、受験番号144(ワンフォーフォー)スゴイでしょ。
泉合格!




毎年、こんな感じで、大忙しです。

合格発表の日はラパレットのケーキを用意しています。

ケーキが美味しいのはもちろんですが、

上のカップ、可愛いですよね。


食べ終わった生徒が、「これ、置いて帰っていいですか?」


私 「持って行けば?」

生徒 「汚れとるし・・・」

私 「じゃ、置いておいて。もらうわ。」



いや~現代っ子というかなんというか・・・

カップ、使えるのにね。

子供の頃、モロゾフのプリンのコップは、

後日、必ずお茶やカルピスが入ってでてきたものだけど・・・

ハードロックカフェのハリケーングラスも集めていたけど・・・

本当にいらないの?



2014/03/11

今年(2014年)も公立高校入試が終わった!

国語・英語 はかなり簡単だったようです。

数学・理科 は平均40点台前半確実の難しい問題でした。

社会 は簡単だけど、記述問題は例年通り多かったですね。

英語の記述問題がほとんど無かったですね。

10年ぐらいで最も簡単だったかもしれません。

英語が得意な生徒にとって、差を付けられなかったのはちょっと痛い。

数学が難しかったけどできたかな?

確実に答えより過程重視の傾向です。

単に計算や公式だけお覚えているだけでは30点しか取れません。

あとの70点は、解き方を説明したり、式を書いたり、たまに図まで書かなければなりません。

今年最も記述問題が多かったのは数学

http://www.hokkoku.co.jp/headline/nyuusi2014/suugaku2014k.pdf

でした。

あと、理科・社会は合格塾や学校の直前対策プリントをしっかりやれば相当多くの点を取ることができました。信じて素直にやった人は受かりますよ。

2014/03/10

平成26年度 石川県公立高校入試1日目! どうだった?できた?

受験生の家庭で禁句とされている


今日のテストどうだった?

デ・キ・タ?



このブログのタイトルで

おもいっきり言ってみました。


だって、それ言わないで

親子でなんか変な空気になりませんか?



親 
(ええと、、、あれは言っていけないし、、、何話そ)
「あっ、今日雪降ったね!」

子供
(それ朝言ったし)「う、うん」   


「受験終わったら、なんか食べに行こ・・・(今いうことじゃないか)」
「あ、それより、お母さんパーマかけて・・・」

子供
知らんし!
(本当は聞きたいんじゃないの?)
(どうだった?って聞いてくれたほうが楽なんですが・・・)



と、無言になったら、試験のことばっか考えますよ。

だから、私の塾では最初に聞いておきます。

保護者のみなさんにも、ぜひ聞いてください!と言っています。

そんなんで負ける子ではありません。

笑顔でデキタ~というか、

不安でも、それをぶっ飛ばす笑顔でなんか言いますよ。

ポジティブシンキング塾ですから。


ハハハ

2014/03/09

明日は公立高校入試1日目

高校受験生のみんな、、、

毎日進行表(学習記録)に「合格する」と書いている君。

志望校を決めるとき、不安で不安で仕方なかった君は「合格点の取り方が分かって楽しくなってきた」と昨日書いた。

超努力家のお姉ちゃんに勝てないと思っていた君、確かにお姉ちゃんはすごい子だったけど、君も全然負けていないよ。むしろその小さな?コンプレックスのおかげでいっぱい頑張れたね。

他のみんなも大丈夫。

上に自分のことが書いてないと思った人ごめん。当たり障りない感じのことしかここで書けないだけ。後で個別にメールします。

昨日も話したけど受かる人が多い受験なんて高校入試ぐらい。

各教科1,2問多く取るだけで受かるんだ。



Today is the first day of the rest of your life.
今日という日は、残りの人生の最初の一日だ!

2014/03/08

【平成25年度】石川県公立高校 倍率 桜丘で考えてみよう!

毎年、県内で最も高倍率の「桜丘」の合格者と不合格者を表してみました。



泉よりは少し◯が目立つかな?

それでも、不合格者◯の方が圧倒的に少ないですね。

受からないほうが珍しいといえます。

入試はもちろん学力差が・・・

確かにそうですね。



でも、同じ高校受けるんだから、そんなに差があるわけないじゃないですか。

みんな、模試や統一で十分受かるところを受けるんでしょ。


はい、自信を持って!

2014/03/07

3月体験→春期講習

最近、体験学習、無料春期講習とかをして、

その後、しつこく勧誘する塾が多いらしく、

問い合わせで、慎重になっている方が多いですね。

勧誘する塾は多いので、慎重になる方が増えたのはいいことだと思います。

うちの塾は、体験後、こちらからお電話や面談で勧誘することは一切ありませんので、いつでもお気軽にご連絡ください!

また、必要な費用は全てチラシに書いてあります。

「塾の費用は入ってみないとわからない」

と知人が言っていました。
どんなブラック業界やねん!

でも、昔から良く聞きます。
チラシに安く書いてあって、
実際に聞いてみたら高いなんてのはよくあるようです。

2014/03/04

【平成25年度】石川県公立高校 倍率 泉丘で考えてみよう!

最終倍率が出ました。

泉丘の募集人数があまりにも美しかったので、泉で書きますが、
他の高校を受験する人も同じだと思って読んでください。

泉丘高校は定員500人、合格者400人、不合格者100人。

合格者● 不合格者◯ とします。

●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●
●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●


不合格者◯の方が圧倒的に少ないですね。

くじ引きでこの中から1つだけ取るとしたら・・・

赤が当たりそうですよね。白のほうがレア。



入試はもちろん学力差が・・・

確かにそうですね。



でも、同じ高校受けるんだから、そんなに差があるわけないじゃないですか。

みんな、模試や統一で十分受かるところを受けるんでしょ。


はい、自信を持って!