投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

ロザンのお笑い課外授業

イメージ
学習塾協議会いしかわ20周年記念
ロザンのお笑い課外授業

















数ヶ月前からたくさんの塾長たちでこのイベントの準備をしてきました。

500枚のチケットは発売日から飛ぶように売れ、ほぼ満席。

当日、私たちスタッフは午前中から会場のスタッフルームで準備をしていました。

12時ぐらいだったでしょうか。
すでに行列ができていると聞きました。

13時30分開演なのに、、、、?
実はうちの生徒が最前列を狙うって言てたけど、、、

一番早く来たのはあの子たちかな?

行列を見てきた先生によると、

「もういっぱい並んどったよ。」
「なんか中学生というより、ギャルみたいな子ばかりやった。」

なんだ、うちの塾生のことだから
一番最初に来ると思ったら、ギャルには勝てなかったか。
さすがに500人の一番は難しかったか。

と思いながら、私はチケットを切る係だったので、
12時30分ぐらいに入り口に行きました。

あ~!!!

Aちゃん、
Nちゃん!

(ギャルではありません。普通の中学生です。)




やるね。

いつも「兼六塾」の生徒が
イベントで最前列をゲットする。

一回、あるイベントで、「先を越された~」

と兼六塾の生徒が言っていたので、誰が最前列か見に行くと、

「津幡塾」の生徒だったことがある。


















お~、今回も最前列のど真ん中6人、全部うちの生徒。

さらに、メモを持ってきて話を聞きながらメモしてました。

もう、受験に勝ったようなものだね。




小学生の時から、ずっと

「塾は来たくて来るとこ」

「宿題は見せるためにやるんじゃない」

「早く終わらせたければ乱暴にやれ、早く理解したければ丁寧にやれ」



などとずっと言い続けて来たのが、

うまくいったと思えるのはこんな時。


肝心のロザンの公演ですが、
さすがにプロはうまい。

勉強の話も的を得ている。

さっそく夏期講習の指導に活かしたい。



第2回 リハーサルテスト

今回もたくさんのお申込をいただいています。

津幡中、津幡南中
1学期期末テスト対策


津幡・リハーサルテスト


6月24日(日) 19:00~20:50

文化会館シグナス

受験料:500円


お申込はこちらから

整理整頓本の決定版?

イメージ
整理整頓の本は結構出ているが、
石田さんの本はシンプルで解りやすいので、
読んでみようと思う。



スバル STI

イメージ
普通のセダンが、あらいやだ

かっこいい!

そんなスバル公式チューン・シリーズで有名。







さて、そんな STiの新製品は・・・

なんとランドセル。



http://www.sti.jp/sticollection/randoseru2012-preview.html


まあ、確かにかっこいい。

派手さはないけど、細部にこだわった感じはいい。




篠田麻里子のスピーチ

私はもう歳だから、自分は捨て駒になり、若手にチャンスを…

と、先輩塾長に言われたことがある。
なぜか、あまり好きな言葉ではなかった。
 (あ、その先輩が好きではなかったわけではないですよ!) 

昨日のAKB48の総選挙の篠田麻里子のような力強い 言葉が欲しかったのかもしれない。


*****************************************************
後輩に席をゆずれと言う方もいるかも知れません。
でも私は席を譲らないと上にあがれないメンバーは
AKBでは勝てないと思います。
私はこうやって 皆さんと一緒に作り上げる
AKB48というグループが大好きです。
だからこそ 後輩には育って欲しいと思ってます。
悔しい気持ちすごくあると思います。
その悔しい力をどんどん先輩、私たちにぶつけて来て下さい。
潰すつもりで来て下さい。
私はいつでも待ってます。
そんな、心強い後輩がでてきたならば、
私は笑顔で卒業したいと思ってます。

結婚式

イメージ
姪の結婚式に行って来ました。

妻の姉の子で、私が結婚した時すでに
ある程度大きく、あまり会う機会もなかったので、
残念ながら、あまり話したことはないのですが、

私が長野で塾をやっていた時の生徒たちと
同い年なので、彼女の結婚は特別な気持ちでした。


さて、一昨年の塾仲間のムメイ先生
の結婚式の時もそうでしたが、
一昔前の結婚式とは大きく違いますね。

新郎新婦の友達のカラオケ大会?や、
なぜか必ず親戚にやっている人がいる
謡(うたい)、日本舞踊などの余興がほとんどなくなりました。

スピーチも短め、少なめで、
すっきりしています。

そして、最後のエンドロールで、
式の様子が映し出され、
新郎新婦はもちろん、参加者の美しい写真が
音楽とともに流れる。
出席者全員の名前とともに、
新郎新婦からの感謝の言葉が流れる。

出席者が新郎新婦を祝うというより、
新郎新婦が出席者を「もてなしてくれている」という感じなのが
最近の結婚式の傾向ですね。


良い結婚式でした。