005.北原里英

Wikipediaによると、、、彼女は、

団結を求め、体育祭とかで「みんなで優勝しようぜ!」と言うタイプ。

逆に、体育祭や文化祭を「なんでもいいよ」とか言う人間は許せない。



そうです。そうです。



町内のソフトボール大会にいやいや来た感じで、

打順を決めるとき、「9番で」といい、

「いやいや、若いから1番で頑張れ!」と言われ、

「え~、マジ打てんすよ」とか口にする若者。

そして、ダラダラ走って守備につく。

しかし、試合が始まると別人のようになる。

見事にボールに飛びつく。

華麗にキャッチして好返球。

その後も、打つわ、走るわの大活躍。

そんな人は結構いる。確かにかっこいい。




でも、そんな友だちを見て、

同じようなヤル気のない態度を見せて、

実は、うまくない人が、ものすごくかっこ悪い。

できないのではなく、ヤル気がないのだと言いたいのでしょうか?




そして、一番かっこいいのが、

「お願いします!」といって、走って守備について

活躍する人。




その次にカッコいいのは、

「下手なんで9番でお願いします」

「ほとんどやったことないんで、打てないかもしれません」

といって、エラーしながらも一生懸命やる人。





テスト前に、「ぜんぜん勉強してないし」とか

終わったあとに、「ぜんぜんできんかった」、「わけわからんかった」

と言うなと、いつも言ってますね。このブログでも何度も書きました。






北原さんは知っているようですね。

それが、テレビのバライティ番組を見ていてもわかります。

そして、周りの人も、マイナスワードを言えなくなる雰囲気を作っています。

きっといいタレントさんになるでしょう。









AKB48のメンバーを例に、
当塾の紹介、小中学生へのメッセージ、
成績が上がる勉強法を書いています。
いつまで続くことやら・・・

AKB48シリーズ

このブログの人気の投稿

金沢大学附属高校 VS 金沢泉丘高校

平成29(2017)年度 石川県公立高校倍率決定!

POP HILLが今年、復活!